2022年5月15日 (日)

松原湖 (木版画風)

220511s1-img_4915

【松原湖 (木版画風)】       画像クリック拡大

 季節は初夏へ。 信州南佐久 松原湖風景。

(11 May 2022  長野県南佐久郡小海町 松原湖)

こちらのブログ記事もご覧ください → 木版画  八ヶ岳と松原湖と

| | コメント (0)

2022年4月26日 (火)

山桜

220422s1-img_7460

【 山桜 】             画像クリック拡大

 山桜散らぬまでこそ惜しみつれふもとへ流せ谷川の水  西行法師

(22 April 2022  長野県小諸市 南谷にて)

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

碌山美術館

220423s1-img_7482

【碌山美術館】           画像クリック拡大

 馬酔木の花が白く群れ咲いている。 高潔な精神と哀しみと――  明治期、日本の彫刻界に近代彫刻をもたらした荻原碌山。 早逝の彫刻家の美術館は花の春を迎えていた。 入口の壁に碌山が残したという言葉が刻まれている。
  LOVE IS ART,  STRUGGLE IS BEAUTY.  

(23 April 2022  長野県安曇野市穂高 碌山美術館にて)

| | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

たんぽぽ

220411s-img_7300

【たんぽぽ】            画像クリック拡大

 けふはけふの道のたんぽぽさいた   山頭火

(11 April 2020  長野県小諸市 北国街道)

| | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

水仙

220411s-img_7301

【水仙】              画像クリック拡大

 蒲公英が咲きました。ヒガン桜が咲きました。 水仙が咲きました。
 この四、五日の陽気で、待っていたかのように季節は進みました。

  Seven Daffodils♪ オールディーズでも聴くことにしますか。

       Seven Daffodils (Brothers Four)
 I may not have mansion, I haven't any land
 Not even a paper dollar to crinkle in my hands
 But I can show you morning on a thousand hills
 And kiss you and give you seven daffodils

(11 April 2022  長野県小諸市 南谷への道で)

| | コメント (2)

2022年4月 2日 (土)

高原の町・小諸

220402s-img_4677

【高原の町・小諸/俵万智】     画像クリック拡大

 本町通りの紙店の店先に俵万智の文章を記した額が掛かっていた。 額のガラスが時を重ねた古い町通りを映していた。

(2 April 2022  長野県小諸市 北国街道本町通りにて)

  こちらのブログ記事もご覧ください。
   ↓ 高原の町・小諸 (俵万智の歌)
・ はじめての町 小諸 (1)
・ 千曲川 もどり橋まで (2)
・ 坂の町 小諸 (3)

・ 和紙店 小諸 (4)
・ 信州小諸 (5)

| | コメント (0)

2022年3月12日 (土)

桜花/水彩画

144-220311

【桜花/ヨピさんの水彩画】      2022 Yopi     画像クリック拡大

 坂の町、小諸。
 駅への道は花の盛りで。

・当ブログの写真 「桜花(小諸城址)」 を水彩画に描いていただきました。

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に次の作品が加わりました。
    作品44 桜花(小諸城址)
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」から開くこともできます

ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (2)

2022年1月14日 (金)

静 物/水彩画

141-220112s1

【静物/ヨピさんの水彩画】 2022 Yopi     画像クリック拡大
    
Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に次の三作品が加わりました。
    作品41 静物  作品42  冬のバラ  作品43  浅間山麓/雑木林
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」
      からも開くことができます
● ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (3)

2021年12月15日 (水)

ゆめの中のせかい

211211s-img_6516

【ゆめの中のせかい/陶板】       画像クリック拡大

  わたしは小学四年生。 陶芸グループのやさしいおじちゃんおばちゃんに教わりながら作った陶板 「わたしの中のゆめのせかい」 です。

(11 December 2021 長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2021年12月 4日 (土)

襖絵

211204s-img_6497

【襖絵(部分)】          画像クリック拡大

 いきいきと働く人々。 生家に残る襖絵で江戸期のものと伝えられています。 経緯は不明ですが、おそらくは旅の絵師によって描かれたものと思われます。 先祖もきっとこのように農事に精を出したことでしょう。

(4 December 2021  長野県上田市 塩田平 生家にて)

| | コメント (6)

より以前の記事一覧