2021年3月31日 (水)

カタクリの花咲く

210329s-img_3076

【カタクリの花咲く/家内の庭】         画像クリック(拡大)

 (万葉人の歌)
 もののべの八十娘子らが汲みまがふ寺井の上の堅香子の花  大伴家持
美しい娘たちが賑やかに水を汲んでいる湧水のほとりにカタクリの花が群れ咲いている。 何とうるわしい春の朝であることか。

(29 March 2021  長野県小諸市  自宅・家内の庭)

●こちらのブログ記事もご覧ください福寿草/家内の庭

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

信州の春

210314s-img_3214

【信州の春】   浅間山麓の三月(小諸)    画像クリック(拡大)

 三月も半ばとなると都会から桜の便りが届くようになるが、標高が高くまだ冬枯れ色の佐久地方では実感がない。 島崎藤村は 『千曲川のスケッチ』 にこの山上の地の春を次のように記している。

           島崎藤村著 『千曲川のスケッチ』 より
 三月末か四月のはじめあたりに、君の住む都会の方へ出掛けて、それからこの山の上へ引返して来る時ほど気候の相違を感ずるものは無い。 東京では桜の時分に、汽車で上州辺を通ると梅が咲いていて、碓氷峠を一つ越せば軽井沢はまだ冬景色だ(中略)。 (だが) 四月の十五日頃から、私達は花の世界を檀(ほしいまま)に楽しむことが出来る。それまで堪えていたような梅が一時に開く、梅に続いて直ぐ桜、桜に続いて李(すもも)、杏(あんず)、茱萸(ぐみ)などの花が白く私達の周囲に咲き乱れる。 台所の戸を開けても庭へ出掛けて行っても花の香気に満ち溢れていないところは無い。 懐古園の城址へでも生徒を連れて行ってみると、短いながらに深い春が私達の心を酔うようにさせる…… 。

(14 March 2021  長野県小諸市天池)

●こちらのブログ記事もご覧ください。
 浅間山と小諸 ・ 島崎藤村: 信州・浅間山麓から (cocolog-nifty.com)

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

ふきのとう

210311w-img_3003

【ふきのとう】                画像クリック(拡大)

(11 March 2021  長野県小諸市 御牧ケ原)

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

水彩画 雪

139-2102

【雪/ヨピさんの水彩画】  2021  Yopi    画像クリック(拡大)

 さあ休もうと 親すずめ
 休みましょうと 子すずめが
 今夜はだいぶ積もるでしょう
 すずめ親子の寝た後は
 さらさらさらと雪の音

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に次の作品が加わりました。  
         作品39 雪
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」
      からも開くことができます
● ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (2)

2021年2月10日 (水)

日本シャンソン館で出あった人々

05723s-p7235536

【日本シャンソン館 屋外コンサート】      画像クリック(拡大)

 人生の哀歓を歌にのせて。
 シャンソンコンサートで出あった人々に
 過ぎた24年の歳月を思ったのでした。
 コロナ禍の自粛生活が続いています。  

     ― 日本シャンソン館で出あった人々(出演者・ゲスト)―

【あ行】  芦野   アニック・シザリュック   あみ ami
       石井好子   今井清隆     岩崎桃子
      永六輔   大木規子   大木康子
       太田靖子      大貫祐一郎(Pf.)   大美賀彰代(Pf.)

【か行】   亀田ミチオ  川島弘  高英男  琴音(Sax.&Vo.)
                 小春(Acc.)    小林ちから(Pf.)    小林美恵子    

【さ行】   坂上百合子  坂田早苗  桜井ハルコ  佐々木秀美
              菅原洋一   瀬間千恵     JUNKO(フレンチキス)

【た行】   田代美代子  店網邦雄(ベース)  ダニエル・ビダル
                 ダヴィット・ヴェ二トゥッチ(Acc.)  
       茅根静代   Yas Tomy

【な行】     長坂玲(リリ・レイ) 

【は行】   原れいこ  原田忠(Acc.)
        パトリック・ヌジェ(Acc.&Vo.)    日野敦子(Pf.)
        日野香織(Pf.)  平賀康子(Acc.)  広瀬敏郎
                   ピエール・ジル   ピーコ
               古舘由佳子(Vn.)   フレデリック・ヴィエノ(Pf.)
                   フレデリック・ディミノ(Gt.& Vo.)
               Keiko&美鶴(フレンチカフェ)
                    フ
ローラ ン・ダバディ  ペギー葉山   堀内環   

【ま行】     MIKAKO  水織ゆみ  モンデンモモ

【や行】   山添恵子  山本リンダ   米山忠

【ら行】    リリ・レイ(長坂玲)  ローラン・プリウール(Gt.)

【わ行】   若柳吉三郎(Gt.)  渡辺美和子(Acc.)

 (Photo. 群馬県渋川市 日本シャンソン館にて)

●日本シャンソン館オフィシャルサイトはこちらをどうぞ!
    日本シャンソン館 (chanson-museum.com)  

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

日本シャンソン館 オリジナル模型

210209w-img_2845

【日本シャンソン館 オリジナル模型】      画像クリック(拡大)

 「ステイホームのお時間を楽しんで頂きたく、友の会会員様限定でオリジナルの模型カードを作成しました。 パーツが多いので、少しお時間がかかるかと思いますが、ゆっくり挑戦してみてください!」
 そんな案内とともに、日本シャンソン館から何とも楽し気なペーパークラフト模型が届きました。 挑戦すること1時間。 茶色の布クッションの上に置いてみました。
 高原の空を背景にブラウンの丘に立つ日本シャンソン館、素敵なシャンソンが聞こえてきます♪ 

 ●日本シャンソン館オフィシャルサイトはこちらをどうぞ!
    日本シャンソン館 (chanson-museum.com)  

(9 February 2021  長野県小諸市 自宅にて) 

| | コメント (6)

2021年2月 1日 (月)

雪南天

138-2101b

 【雪南天/ヨピさんの水彩画】                   Yopi  2021

 雪中に鮮やかな、赤い実、葉の深緑。 古来、縁起の良い木として人びとが大切にしてきた南天。 ブログ仲間のヨピさんが描く素敵な水彩画です。 当ブログの記事を題材にしていただきました。

(長野県小諸市 自宅庭の雪南天)

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に次の作品が加わりました。  
         作品38 雪南天
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」
      からも開くことができます
● ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (2)

2021年1月28日 (木)

夕映えの浅間

210125s-img_2817

【夕映えの浅間】                画像クリック(拡大)

 浅間したしいあしたでゆうべで
           昭和11年 山頭火

(25 January 2021  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (2)

2021年1月24日 (日)

210124s1-img_2785

【 記憶の中の詩 】               画像クリック(拡大)

 南岸低気圧が東信濃に雪を降らせた。 窓外でさわぐすずめの声に遠い記憶の中の詩が戻ってきた。 昭和20年代後半、小学生の頃に暗唱した、国語教科書の詩であったことは確かだが、題名も、作詩者も、何年生の教科書であったかも皆目分からない。 ご存じの方がおられればよろしいのですが。

 ちらちらちらと雪が降る
 すずめ親子のものがたり
 山は大雪 日が暮れる
 カラスはいそいで帰ったよ
 カラスのカンタは寒かろう
 さあ休もうと 親すずめ
 休みましょうと 子すずめが
 今夜はだいぶ積もるでしょう
 すずめ親子の寝た後は
 さらさらさらと雪の音

(24 January 2021  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

浅間山

210104s-img_2559

【浅間山】                       画像クリック(拡大)

 (深田久弥著 『日本百名山』 より)
 日本中部の山を登る人は、それがどこの山であろうと、そこから浅間山を見逃すことはないだろう。 その孤立した大きな山容と、まるで自己の標識のように煙をあげているので、すぐに見当てることができる。

(4 January 2021  長野県北佐久郡軽井沢町)

●こちらのブログ記事もご覧ください南佐久風景(浅間山)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧