2022年12月24日 (土)

教会のある風景

161221s1-img_0035

【フォト版画 森の教会】    

(長野県北佐久郡軽井沢町 December '16)

| | コメント (0)

2022年12月16日 (金)

漂泊の旅

221216s2-img_9712
     
     
 しぐれてぬれて まっかな柿もろた  山頭火
   
(16 December 2022  長野県東御市御牧原)  画像クリック拡大

こちらの山頭火(句)もどうぞ → 落葉ふる… 山頭火

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

ディヴァン・ジャポネ

221128s1-img_9618

【ディヴァン・ジャポネ】    ロートレック  1892  (Postcard)

 5回目のワクチン接種の通知が届いた。
 いつまで続くかコロナさん ……。
 シニア族なれば美術展からもコンサートからも遠ざかって久しい。

(29 November 2022 長野県小諸市 自宅にて)

こちらのブログ記事もどうぞ → コラ・ヴォケール(シャンソン歌手)

| | コメント (0)

2022年11月17日 (木)

投げ入れ

221117s-img_9531

【投げ入れ】

 家内、季節を生ける。 

 ヤシャブシ (夜叉五倍子) 茶
 ガマズミ (莢蒾)             赤(大)
 ノイバラ (野茨)              赤(小)
 キミズミ (黄実酸実)       

(17 November 2022  長野県小諸市 自宅)

| | コメント (2)

2022年11月15日 (火)

堀辰雄文学記念館

221111s-img_9486

【堀辰雄文学記念館】        画像クリック(拡大)

 特別企画展が開かれていた。
 「青猫」 「月に吠える」
 林の奥へ、落葉の道が続いている。

(11 November 2022  長野県北佐久郡軽井沢町追分)

こちらのブログ記事もどうぞ → 高原の村

| | コメント (0)

2022年10月21日 (金)

夕焼雲

221011s-img_9156

【絹積雲 (Cirrostratus)】     画像クリック拡大

 夕焼雲のうつくしければ人の恋しき  山頭火

(11 October 2022  長野県小諸市 御牧ケ原 狼森)

こちらのブログ記事もどうぞ → すすき(山頭火)

| | コメント (0)

2022年10月19日 (水)

山湖の秋/ヨピさんの水彩画

145221018

【山湖の秋/ヨピさんの水彩画】    2022 Yopi    画像クリック拡大

 信州 松原湖。 山湖の秋はツタウルシの赤で始まります。

(当ブログの写真 「山湖の秋」 を題材にしていただきました)

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に当作品が加わりました。
                                                (作品45 山湖の秋)

  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」 から開くこともできます

 ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (2)

2022年8月 8日 (月)

アルプス山麓の美術館

220804s-img_5226

【アルプス山麓の美術館】      画像クリック拡大

 アルプス山麓に鳴りひびく尖塔の鐘。 安曇野賛歌、碌山美術館の夏。

(4 August 2022  長野県安曇野市穂高)

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

霧ヶ峰高原 1925m

220730s-img_5161

【霧ヶ峰高原 1925m】        画像クリック拡大

 妙な言い方だが、山には、登る山と遊ぶ山とがある。 前者は息を切らし汗を流し、ようやくその頂上に辿り着いて快哉を叫ぶという風であり、後者は、歌でも歌いながら気ままに歩く。もちろん山だから登りはあるが(中略)、それは豊かな地の起伏と広濶な展望を持った高原状の山であらねばならない。 霧ヶ峰はその代表的なものの一つである。 (深田久弥著 『日本百名山 霧ヶ峰』 より)

(30 July 2022  長野県諏訪市 霧ヶ峰高原)

こちらのブログ記事もどうぞ → 霧ヶ峰を行く(蓼科山)

| | コメント (0)

2022年7月20日 (水)

風の又三郎

220717s-img_8257

【風の又三郎/やまくるみ】     画像クリック拡大

 どっどど どどうど どどうど どどう
 青いくるみも吹きとばせ
 すっぱいかりんも吹きとばせ
 どっどど どどうど どどうど どどう

 谷川の岸に小さな学校がありました…… さわやかな九月一日の朝でした。青ぞらで風がどうと鳴り、日光は運動場いっぱいでした。

 (宮沢賢治著 「風の又三郎」 文頭より)

(17 July 2022  長野県小諸市 南谷)

こちらのブログ記事もご覧ください → 風の又三郎(終章)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧