2021年8月 3日 (火)

夏色の浅間山

210803s2-img_4873

【夏色の浅間山】                画像クリック(拡大)

 活火山直下、万緑の塩野集落。 爽やかな夏の朝、曝け出しの山肌の赤褐色の鮮やかさがこの地の清澄さを語ります。

(3 August 2021  長野県北佐久郡御代田町塩野)

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

霧ヶ峰滑空場

210711s-img_4026
 アレキサンダー・シュライハ(独) ASK13型機  画像クリック(拡大)            
210711s1-img_4025

【霧ヶ峰滑空場】                画像クリック(拡大)

 標高1680m・霧ヶ峰高原滑空場。 夏空を赤色のASK13型機が風切り音とともに降りてきた。 遥か北八ヶ岳の蒼き峰々、高原はニッコーキスゲの花が咲き始めていた。

(11 July 2021  長野県諏訪市 霧ヶ峰高原にて)

| | コメント (2)

2021年6月20日 (日)

白樺高原/女神湖

210611s-img_4224

           緑響く             画像クリック(拡大)

(11 June 2021  長野県北佐久郡立科町 白樺高原/女神湖)

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

レンゲツツジ

210611s-img_3872

【レンゲツツジ Phododendron japonicum 】   画像クリック(拡大)

 対岸の森の方でホトトギスが啼いていました。
 東信濃の高原はレンゲツツジの花の盛りでありました。

(11 June 2021  長野県北佐久郡立科町 白樺高原女神湖)

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

北アルプス/美ヶ原高原

21s-img_3831

【北アルプス/美ヶ原高原】           画像クリック(拡大)

  美ヶ原高原の牛伏山 (海抜1990m) から望む北アルプス・槍穂高連峰。 その距離僅か45km、南南西に観るその雄大な展望は随一と思う。

(11 June 2021  長野県小県郡長和町 美ヶ原高原 牛伏山にて)

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

美ヶ原高原台地

210611s-img_3862

【八ヶ岳中信高原国定公園/美ヶ原高原】     画像クリック(拡大)

  海抜1960m、広大な草原に響く、霧鐘塔 「美しの塔」 の鐘の音。 そこには尾崎喜八の詩文 「美ガ原(美ガ原熔岩台地)」 が刻まれています。 この高原は、中学時代の集団登山の地でありました。

    美ガ原   尾崎喜八    

 登リツイテ不意ニ開ケタ眼前ノ風景ニ
 シバラクハ世界ノ天井ガ抜ケタカト思ウ。
 ヤガテ一歩ヲ踏ミコンデ岩ニ跨リナガラ
 此ノ高サニオケル此ノ廣ガリノ把握ニ尚モクルシム。
 無制限ナオオドカナ、荒ッポクテ新鮮ナ
 此ノ風景ノ情緒ハタダ身ニシミルヨウニ本原的デ
 尋常ノ尺度ニハマルデ桁ガハズレテイル。

 秋ガ雲ノ砲煙ヲドンドン上ゲテ
 空ハ青ト白トノ目モ覚メルダンダラ。
 物見石ノ準平原カラ和田峠ノホウヘ
 一羽ノ鷲カガ流レ矢ノヨウニ落チテ行ッタ。

(11 June 2021  長野県小県郡長和町 美ヶ原高原 牛伏山にて)

こちらのブログ記事もご覧ください霧鐘塔 (霧ヶ峰高原)

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

八ヶ岳連峰

210501s1-img_3783

【八ヶ岳連峰】                 画像クリック(拡大)

 長湖と呼ばれる小さな湖。
 八ヶ岳の峰々へ続く緑の階調。
 六月の南佐久、村はよく晴れていた。

(1 June 2021  長野県南佐久郡小海町 松原湖高原・長湖)

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

北アルプス遠望

210528s-img_3690

【北アルプス遠望】                画像クリック(拡大)

 御牧ケ原快晴。 
 遠く、残雪の槍穂高連峰見ゆ。

(28 May 2021  長野県小諸市 御牧ケ原 狼森にて)
     

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集   に次の作品が加わりました。  
         作品40 ソナ
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」
      からも開くことができます
ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』
      

| | コメント (2)

2021年5月27日 (木)

蓼科山と望月高原牧場

210526s1-img_3965

【蓼科山と望月高原牧場 (旧協和牧場)】     画像クリック(拡大)

         深田久弥著 「日本百名山・蓼科山」 より
 もう三十年も前、秋の初め私は一人で大門峠から蓼科牧場へ行き、そこの牧場事務所で泊めてもらい、翌朝頂上へ向かった。 蓼科高原という名は山の南の諏訪側に付せられているが、高原という感じはむしろ北の北佐久側の方にふさわしい。こちらは実に広大な裾を引いていて、その中に、協和牧場、蓼科牧場、赤沼平、御泉水などの、高原らしい風景が拡がっている。 牧場といっても、畜舎があったり、乳をしぼったりする牧場ではなく、近在のお百姓が牛や馬を預けに来て、この高原に放し飼いされるのである。

(26 May 2021  長野県佐久市協和 望月高原牧場)

| | コメント (0)

2021年5月26日 (水)

山の牧場

210526s-img_3685

【山の牧場】                  画像クリック(拡大)

 蓼科山のたおやかな尾根。
 草原に散るあまたの牛。
 この夏の放牧が始まりました。

(26 May 2021  長野県佐久市協和  望月高原牧場)

● こちらのブログ記事もご覧くださいたてしなの歌(尾崎喜八)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧