2021年10月25日 (月)

上信国境にて

211020s-img_5917
 上信国境より妙義山・関東平野 遠望  画像クリック(拡大)    
211020s-img_4541

【上信国境の牧場/神津牧場】    画像クリック(拡大)

 この牧場は明治20年(1887)開設の日本最初の洋式牧場という。
 はじめてこの山上の牧場を訪れたのは昭和46年(1971年)の6月であった。 牧場は霧に閉ざされ雨の底にしずんでいた。 深い霧のなかに白熱球を灯している黒ずんだ山小屋風の建物があって、古い木机が置かれた室で、おばあさんがひとり、ジャージー牛のミルクなどを売ったりしていた。
 深い霧とあたたかなミルクの香り、遠い日の山歩きの記憶である。

 大島亮吉著 『 山 随想 (荒船と神津牧場附近 1918年)』 より 
 ひろい、山上のゆるやかな傾斜地のやや凹んだなかに、眼の下とおく、ちいさく、黒ずんで、ひとかたまりに牧場の小さな建物が、静かに平和に、つつましやかに見えた。建物の硝子窓がキラリキラリと夕日に光ったりなどした。小さく、黒い人の姿が、その建物のぐるりに動いていた。 私は、笹原に深く腰を下ろしたまま、この山上の牧場の、エキゾチックな、全く私の心をとらえてしまった風景に見とれた。

(20 October 2021  群馬県甘楽郡下仁田町南野牧 神津牧場)

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

北国街道 海野宿

211022s1-img_5947
    
211022s1-img_5946

【北国街道 海野宿】         画像クリック(拡大)

(22 October 2021  長野県東御市 北国街道 海野宿)

| | コメント (0)

2021年10月 7日 (木)

サイロのある風景

211005s-img_5714

【サイロのある風景】        画像クリック(拡大)

 青草を目いっぱい詰め込んでいたのは、そう随分と昔のことです。
 秋のしじまの中に、赤いとんがり屋根の古いサイロ。

(5 October 2021  長野県佐久市 長野牧場)

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

白い道

211003s-img_5696

【白い道】             画像クリック(拡大)

 浅間山麓に延びる一本の道。 
 白い道が、戦後の帰農開拓の歴史を静かに語る。

(3 October 2021  長野県北佐久郡軽井沢町大日向)

| | コメント (0)

2021年10月 1日 (金)

牧舎のある風景

210924s-img_5602

【牧舎のある風景】         画像クリック(拡大)

(24 September 2021  長野県佐久市新子田 長野牧場)

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

秋季例祭

210919s-img_5571

【村社 諏訪神社秋季例祭】       画像クリック(拡大)

 初秋の風に翻る 「鎮守御祭禮」 の大幟。
 いつの時代からか定かではありませんが、営々と四季の中の村祭りです。
 (神社役員をしています)

(19 September 2021  長野県小諸市)

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

中仙道小田井宿

210825s1-img_5134

【中山道小田井宿】         画像クリック(拡大)

(25 August 2021  長野県北佐久郡御代田町小田井)

こちらのブログ記事もご覧ください中山道小田井宿(姫の宿)

| | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

雨の宿場通り

210814s1-img_4155

【雨の宿場通り】                画像クリック(拡大)

  中山道塩名田宿。
  重ねた時もまた雨の中。

(14 August 2021  長野県佐久市塩名田)

こちらのブログ記事もご覧ください中山道塩名田宿

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

オキ(沖)

210811s-img_4120

【オキ(沖)】                 画像クリック(拡大)

  手塚沖から望むふるさとの峨々たる山、独鈷山。 この地方では独鈷山の麓に広がる平地(水田地帯)をオキ(沖)と呼んでいます。 耕作する集落の名を冠して手塚沖、山田沖、八木沢沖(やぎさおき)などと呼び、その大凡の範囲や方角を表してきたようです。
  子供の頃、沖に行ってくる (= 田んぼに行ってくる) と云った言い方をしていました。 海の沖とこの地の沖の語源に繋がりがあるのかどうか、ちょっと気になるところです。

(11 August 2021  長野県上田市 塩田平にて)

こちらのブログ記事もご覧ください → お静かに(方言)

| | コメント (2)

2021年7月24日 (土)

重文・旧中込学校

210724s-img_4751

【重文・旧中込学校】             画像クリック(拡大)

 真夏の太陽にまばゆい白、遠い明治の記憶。
 現存する木造洋風学校建築では国内で最も古いといわれる旧中込学校 (国指定の重要文化財)。 建築は明治8年(1875)という。 

(24 July 2021  長野県佐久市中込)

● こちらのブログ記事もご覧ください → ステンドグラス(旧中込学校)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧