« 村はずれの踏切 | トップページ | 丸ポストのある風景(信濃追分) »

2022年7月 3日 (日)

中山道追分宿 分去れ

220703s-img_5104

【中山道追分宿 分去れ】       画像クリック拡大

 立原道造詩集より 「夏の旅 村はづれの歌」 

  咲いてゐるのは みやこぐさ と
  指に摘んで 光にすかして教へてくれた ――
  右は越後へ行く北の道
  左は木曾へ行く中仙道
  私たちはきれいな雨あがりの夕方に
  ぼんやり空を眺めて佇んでいた
  さうして 夕やけを背にしてまつすぐと行けば 
  私のみすぼらしい故里の町
  馬頭観音の叢に 私たちは生れてはじめて
  言葉をなくして立つてゐた

(3 July 2022  長野県北佐久郡軽井沢町 中山道追分宿)

こちらのブログ記事もご覧ください → 信濃追分

|

« 村はずれの踏切 | トップページ | 丸ポストのある風景(信濃追分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村はずれの踏切 | トップページ | 丸ポストのある風景(信濃追分) »