« 浅間の煙り | トップページ | ベルガモット »

2021年7月19日 (月)

この木なんの木

210719s-img_4647
210719s-img_4644

【この木なんの木】               画像クリック(拡大)

  コガネムシやカブトムシが数十匹。 散策道の頭上に甲虫たちの世界が広がっていました。 甲虫が集まる木ではクヌギ、ナラ、ヤナギなどが知られていますが、甲虫たちを多量に呼び寄せたこの木なんの木、まるで見当がつかないのです。

(19 July 2021  長野県小諸市 美里の林で)

|

« 浅間の煙り | トップページ | ベルガモット »

コメント

こんばんは~♪
カブトムシが数十匹もいるとびっくりしちゃいますね。
私は一匹いてもビックリですが^^
今は便利なスマホアプリがありまして、写真を撮るとそれが何か教えてくれるのですが、
この木を調べてみたところ、エゾエノキと出てきました。
オオムラサキやゴマダラチョウ、ヤマトタマムシの幼虫が葉を食べて大きくなるというエノキ、エゾエノキです。
虫たちに人気の木だそうですが果たして真偽のほどはわかりません笑
梅雨が明けて猛暑になりました。お気をつけてお過ごしください。

投稿: サファイア | 2021年7月20日 (火) 01:35

サファイア様
こんにちは
”エノキ” でしたか! さすが百花園のボランティアさんですね。 ありがとうございました。 
樹高20m越えの大きな木で、スベスベした幹の様子からもエノキであることがはっきりしました。 撮影中にもカブトムシが何匹か飛んできました(夜行性?)。 皆、高い枝にとまるため手が出ませんでした。 都会の小学生が見たら、その数と野生にびっくりすることでしょう。
梅雨が明けて一気に猛暑となりました。 
御身大切にお元気でお過ごしください。

投稿: 蒼山庵 | 2021年7月20日 (火) 12:52

こんばんは!
実は私、カブトムシが木の上にいる姿って見たことがありません。
子供の頃は、カブトムシは土の中にいるものだと思ってました。
だから、カブトムシ捕りは、網では無く、移植ゴテを持って山に入ってましたよ。
秘密の場所があり、堆肥の様な土を掘って沢山捕まえていました。
懐かしい想い出です。

大人になると、カブトムシでも気持ちが悪くて掴むことが出来ません。

投稿: FUJIKAZE | 2021年7月20日 (火) 23:45

HUJIKAZE様
こんにちは。
子供たちは間もなく夏休みです。虫採りに夢中になることでしょう。 写真の場所は”子供はまだ知らない!”ようです。
甲虫の人気ランクは 1ノコギリクワガタ 2ミヤマクワガタ 3カブトムシ 4ヒラクワガタ…… で、今も昔も変わらないようです。 ノコギリクワガタやミヤマクワガタなどは希少ですからね。

投稿: 蒼山庵 | 2021年7月21日 (水) 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅間の煙り | トップページ | ベルガモット »