« 御牧ヶ原にて | トップページ | 雪国 »

2021年2月 5日 (金)

立春

210205s-img_3144

【層雲/浅間山麓】               画像クリック(拡大)

 氷点下の朝、千曲川からの大気が冷えて層雲となって浅間山麓を流れている。  暦は二十四節気・立春。 山国の春は遠いが、日ざしに明るさを覚えるのは気のせいだけではなさそうだ。

(5 February 2021  長野県小諸市 自宅にて)

●こちだのブログ記事もご覧くださいコナラ林で

|

« 御牧ヶ原にて | トップページ | 雪国 »

コメント

浅間山麓を流れる層雲が見事ですね。
立春過ぎでもまだまだ寒いです。
冷たい空気の中でも「この日射しは春の日射し♪」
近づいてくる春が感じられる日がありますね。

今日は風も無く暖かい日になりそうです。
白鳥が飛来しているという沼に少し足を伸ばして
家族全員で散歩に行ってこようと思っています。
白鳥に会えるといいのですが。

投稿: ヨピ | 2021年2月 6日 (土) 10:18

ヨピ様
二月、海を越えてユーラシア大陸へ。白鳥やたくさんの冬鳥たちの北帰行がそろそろ始まる季節ですね。
ご家族で白鳥飛来地へ散歩の由、私も好んで自然散歩をしますが、いつも爽快な気分になります。 散歩の様子やよい写真が撮れましたら、ブログでまた紹介してください。
ヨピさんの明日が良い日でありますように。

投稿: 蒼山庵 | 2021年2月 6日 (土) 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御牧ヶ原にて | トップページ | 雪国 »