« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

旧西塩田小学校

210213s-img_2986

【旧西塩田小学校】               画像クリック(拡大)

 独鈷山の峰を仰ぐ 「旧西塩田小学校」。 
 遠い日の子供たちの歌声が、ピアノの音が、聞こえてきます。
 学校統合で閉校になったのは1996年(平成8年)、25年前のことです。

 こちらのブログ記事もご覧くださいふるさと 信州・塩田平界隈

(February 2021  長野県上田市手塚 旧西塩田小中学校)

<お知らせ>
 いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 3月1日(月)からしばらくの間、引き続きブログおよびコメントを休止させていただきます。

| | コメント (6)

2021年2月14日 (日)

マンホール蓋/別所温泉 岳の幟り

210213s-img_2954

【マンホール蓋/別所温泉 岳の幟り】      画像クリック(拡大)

 別所温泉街のマンホールの蓋は、奇祭 「岳の幟り (たけののぼり)」 がデザインされています。 この祭りの起源は室町時代といわれ、大干ばつから人々を救った九頭竜神への感謝と祈りの、雨乞いの祭りと伝えられています。
 毎年7月半ばの朝早く、人々は、九頭龍権現を祀った夫神岳(1250m)の山頂に、笹青竹に色とりどりの布で飾った幟りを竜神に見たてて立て、神事を行い、行列をつくって山をおりてきます。 真夏の緑の中をくだる華やかな幟りの行列、温泉街は賑やかな祭り一色につつまれます。

(13 February 2021  長野県上田市 別所温泉 )

<ブログ休止のお知らせ>
 いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 私事ですが、眼科入院とその後のフォローのため2月15日(月)から2週間ほどブログおよびコメントを休止させていただきます。

| | コメント (4)

2021年2月13日 (土)

上田電鉄別所線

210213s-img_2921
 レトロな終点駅・別所温泉駅            画像クリック(拡大)

 長野県のコロナウイルス陽性者数はこのところゼロの日が続いています。 この山間の名湯に一日も早く賑わいが戻るとよろしいのですが。 

210213s-img_2904
 昔懐かしい駅舎 畑中の駅・八木沢駅        画像クリック(拡大)

 高校への通学駅でした。 当時は菓子などを売る3坪ほどの店と住居が併設されていて、その家族が駅務を代行していました。 木造駅舎に明るい塗装が施されたのはずうっと後のことです。 名湯別所温泉と上田市街を結ぶ11.6Km、沿線には三つの大学、上田市街には五つの高校と一大学があります。
   今も多くの学生が通学する、ふるさと鉄道です。

(13 February 2021  長野県上田市 上田電鉄別所線)

| | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

JR小海線(八ヶ岳高原線)

210211s-img_3185

【JR小海線美里駅 界隈】            画像クリック(拡大)

 車窓いっぱいに浅間山が広がると、まもなく終点の小諸です。

(11 February 2021  長野県小諸市 JR小海線美里駅)

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

水彩画 雪

139-2102

【雪/ヨピさんの水彩画】  2021  Yopi    画像クリック(拡大)

 さあ休もうと 親すずめ
 休みましょうと 子すずめが
 今夜はだいぶ積もるでしょう
 すずめ親子の寝た後は
 さらさらさらと雪の音

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に次の作品が加わりました。  
         作品39 雪
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」
      からも開くことができます
● ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (2)

2021年2月10日 (水)

日本シャンソン館で出あった人々

05723s-p7235536

【日本シャンソン館 屋外コンサート】      画像クリック(拡大)

 人生の哀歓を歌にのせて。
 シャンソンコンサートで出あった人々に
 過ぎた24年の歳月を思ったのでした。
 コロナ禍の自粛生活が続いています。  

     ― 日本シャンソン館で出あった人々(出演者・ゲスト)―

【あ行】  芦野   アニック・シザリュック   あみ ami
       石井好子   今井清隆     岩崎桃子
      永六輔   大木規子   大木康子
       太田靖子      大貫祐一郎(Pf.)   大美賀彰代(Pf.)

【か行】   亀田ミチオ  川島弘  高英男  琴音(Sax.&Vo.)
                 小春(Acc.)    小林ちから(Pf.)    小林美恵子    

【さ行】   坂上百合子  坂田早苗  桜井ハルコ  佐々木秀美
              菅原洋一   瀬間千恵     JUNKO(フレンチキス)

【た行】   田代美代子  店網邦雄(ベース)  ダニエル・ビダル
                 ダヴィット・ヴェ二トゥッチ(Acc.)  
       茅根静代   Yas Tomy

【な行】     長坂玲(リリ・レイ) 

【は行】   原れいこ  原田忠(Acc.)
        パトリック・ヌジェ(Acc.&Vo.)    日野敦子(Pf.)
        日野香織(Pf.)  平賀康子(Acc.)  広瀬敏郎
                   ピエール・ジル   ピーコ
               古舘由佳子(Vn.)   フレデリック・ヴィエノ(Pf.)
                   フレデリック・ディミノ(Gt.& Vo.)
               Keiko&美鶴(フレンチカフェ)
                    フ
ローラ ン・ダバディ  ペギー葉山   堀内環   

【ま行】     MIKAKO  水織ゆみ  モンデンモモ

【や行】   山添恵子  山本リンダ   米山忠

【ら行】    リリ・レイ(長坂玲)  ローラン・プリウール(Gt.)

【わ行】   若柳吉三郎(Gt.)  渡辺美和子(Acc.)

 (Photo. 群馬県渋川市 日本シャンソン館にて)

●日本シャンソン館オフィシャルサイトはこちらをどうぞ!
    日本シャンソン館 (chanson-museum.com)  

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

日本シャンソン館 オリジナル模型

210209w-img_2845

【日本シャンソン館 オリジナル模型】      画像クリック(拡大)

 「ステイホームのお時間を楽しんで頂きたく、友の会会員様限定でオリジナルの模型カードを作成しました。 パーツが多いので、少しお時間がかかるかと思いますが、ゆっくり挑戦してみてください!」
 そんな案内とともに、日本シャンソン館から何とも楽し気なペーパークラフト模型が届きました。 挑戦すること1時間。 茶色の布クッションの上に置いてみました。
 高原の空を背景にブラウンの丘に立つ日本シャンソン館、素敵なシャンソンが聞こえてきます♪ 

 ●日本シャンソン館オフィシャルサイトはこちらをどうぞ!
    日本シャンソン館 (chanson-museum.com)  

(9 February 2021  長野県小諸市 自宅にて) 

| | コメント (6)

2021年2月 8日 (月)

ジョウビタキ ♂

150207s-dscf0186

【ジョウビタキ ♂】                                        画像クリック(拡大)

 さむいよね、 まぁ~んまるだ。

(7 February '15  長野県佐久市 杉ノ木貯水池)

●こちらのブログ記事もご覧ください冬の庭(ジョウビタキ ♀) 

| | コメント (2)

2021年2月 7日 (日)

青天を衝け・内山峡

210204s-img_2834
  渋沢栄一の漢詩 『内山峡』 の詩碑がある肬水の岩頭 (佐久市内山)

【青天を衝け・内山峡】

 今月から始まる、渋沢栄一の生涯を描くNHK大河ドラマの、題名 『青天を衝け』 は、渋沢栄一の漢詩 『内山峡』 の一節 「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」 に由来するという。
 「青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む」―― 若き日の渋沢栄一が家業の藍玉の営業で信州佐久を旅した折、内山峡のその雄大な風光に 己が気概を映じて詠んだ長漢詩で17歳であったという。 同所には昭和15年に南北佐久地方の有志によって立てられた一大詩碑がある。
 現在の内山峡は信州と関東を結ぶ国道254号線が通り、内山峠を越えて大型トラックが行き交う幹線道路となっている。 観光で訪れる人も多い。

(4 February 2021  長野県佐久市内山 肬水(いぼみず)

●こちらのブログ記事もご覧くださいコスモス街道・内山峠(内山峡) 

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

雪国

150306s-dscf0780

【雪国】                    画像クリック(拡大)

 春を待つ千国街道海ノ口集落。

(長野県大町市 千国街道にて)

| | コメント (2)

2021年2月 5日 (金)

立春

210205s-img_3144

【層雲/浅間山麓】               画像クリック(拡大)

 氷点下の朝、千曲川からの大気が冷えて層雲となって浅間山麓を流れている。  暦は二十四節気・立春。 山国の春は遠いが、日ざしに明るさを覚えるのは気のせいだけではなさそうだ。

(5 February 2021  長野県小諸市 自宅にて)

●こちだのブログ記事もご覧くださいコナラ林で

| | コメント (2)

2021年2月 4日 (木)

御牧ヶ原にて

210131s-img_3133

【御牧ヶ原にて】               画像クリック(拡大)

(31 January 2021  長野県小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

キジ

170227s-dscf7129

【キジ(Phasianus vercicolor)】        画像クリック(拡大)

  キジのテリトリーは直径300mほどというから、わが家はさしずめこのキジのテリトリーに住まわせて貰っていることになる。

(February '17  長野県小諸市 自宅にて)

●こちらのブログ記事もご覧ください姿をみせたキジ

| | コメント (2)

2021年2月 2日 (火)

節分

210131s-img_3088

【節分】                    画像クリック(拡大)

 午後のしなの鉄道小諸駅。 長野・上田方面への案内アナウンスが聞こえてきます。 そう云えばこの電車で行った上田でのOBの飲み会が中断してもう1年になります。 みんな元気にしているだろうか。
 今年は、2月2日が節分の日にあたり124年ぶりのことという。 コロナは去れ! 鬼はそと、福はうち 福はうち、ですね。

(31 January 2021  長野県小諸市 しなの鉄道・JR小海線小諸駅)

●こちらのブログ記事もご覧ください高原の駅(しなの鉄道)

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

雪南天

138-2101b

 【雪南天/ヨピさんの水彩画】                   Yopi  2021

 雪中に鮮やかな、赤い実、葉の深緑。 古来、縁起の良い木として人びとが大切にしてきた南天。 ブログ仲間のヨピさんが描く素敵な水彩画です。 当ブログの記事を題材にしていただきました。

(長野県小諸市 自宅庭の雪南天)

Photo_20191125110501

 『ヨピさんの水彩画集第2集 』  に次の作品が加わりました。  
         作品38 雪南天
  画集は、右欄 ダイジェストの 「 ヨピさんの水彩画・第1集、第2集」
      からも開くことができます
● ヨピさんのブログはこちら →  『ホッとひと息~♪』

| | コメント (2)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »