2017年4月26日 (水)

金剛山霊泉禅寺

170425s_img_2318

【金剛山霊泉禅寺】                    画像クリック(拡大)

 秘湯、霊泉寺温泉。
 南無釈迦牟尼佛、菩提寺は桜の中であった。 

 (25 April 2017  長野県上田市平井 曹洞宗金剛山霊泉禅寺)

●こちらの記事もどうぞ 「翠雨の菩提寺」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2007/05/post_05e6.html

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

夕べに

160408s_dscf0032

【夕べに】                         画像クリック(拡大)

(8 April '16  長野県佐久市 杉ノ木貯水池)

  夕べに     ルカ

見つめているのは
行く先だろうか
来た道だろうか
思っているのは
共に過ごしたい友のことか
故郷に残した家族のことか
夕日がわたしを
思索の中へと連れてゆく
朝になれば
上る日がわたしを
生きるために動かすだろう

●ルカさんのブログ 『 空の記念日 』 は、こちらからどうぞ ……

4fe1f1bcd6196f141765708314bdf9411
http://blog.goo.ne.jp/soranokinenbi1114

「ルカさんの詩集」 に 詩  「 夕べに 」 が加わりました。

101002f_img_0069
 

  「ルカさんの詩集」 は、こちらからどうぞ ……
 http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2007/04/post-0483.html
 右欄ダイジェスト欄の ❤  ルカさんの詩集 からも入れます

| | コメント (6)

2017年3月20日 (月)

シラサギ(Ardea intermedia)

170319s1_dscf7286_2

【銀河鉄道の夜 賢治幻想(八、鳥を捕る人)】    画像クリック(拡大)

 (すると)鳥捕りは、何か大へんあわてた風で、「そうそう、ここで降りなけぁ。」といいながら、立って荷物をとったと思うと、もう見えなくなっていました。 (中略) ―― 二人もそっちを見ましたら、たったいまの鳥捕りが、黄いろと青じろの、うつくしい燐光を出す、いちめんのかわらははこぐさの上に立って、まじめな顔をして両手をひろげて、じっとそらを見ていたのです。

 (フォトスケッチ : 19 March 2017 長野県佐久市)

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

白い橋

170316s_img_1596

【白い橋】                         画像クリック(拡大)

 薄暮の温水路
 森と森を結ぶ白い橋 

  (16 March 2017  長野県北佐久郡軽井沢町追分 御影用水温水路)

●こちらの記事もどうぞ 「森の温水路」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2013/07/post.html

| | コメント (0)

2017年3月 7日 (火)

夕べに

160409s_dscf0075_2

【夕べに】                               画像クリック(拡大)

 遠い人生の哀歓をともして街の灯

(9 April 2016  長野県東御市御牧原にて)

「ヨピさんの水彩画集」 に次の2作品が加わりました。

91_1703_4

・作品91    雨境にて
・作品90    ソナ

「ヨピさんの水彩画集」は、こちらからどうぞ……
 http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2007/04/post-f393.html
・  右欄 ダイジェスト欄の ❤ ヨピさんの水彩画集  からも入れます

| | コメント (2)

2017年3月 6日 (月)

銀河鉄道の夜

170306hs50exrs_dscf7203_2

【銀河鉄道の夜】                                           画像クリック(拡大) 

 すると、どこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと云ふ声がしたと思ふと、かくして置いた金剛石を、誰かがいきなりひっくりかへして、ばら撒いたといふ風に、眼の前がさあっと明るくなって、ジョパンニは、思はず何べんも眼を擦ってしまひました。
 気がついてみると、さっきから、ごとごとごとごと、ジョパンニの乗ってゐる小さな列車が走りつづけてゐたのでした。 ほんたうにジョパンニは、夜の軽便鉄道の小さな黄いろの電燈のならんだ車室に、窓から外を見ながら座ってゐたのです。

                      宮沢賢治著 『銀河鉄道の夜』より

 (Photo : 6 March 2017  プレアデス星団)

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

雨境にて

170218s_img_1207

【雨境にて】                        画像クリック(拡大)

 霧氷の朝
 白い静寂(しじま)に
 木々が奏でるひそやかなリズム

  (18 February 2017 長野県北佐久郡立科町雨境)

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

冬木立

161221s_img_0039

【冬木立(木版画風)】                 画像クリック(拡大)

 高原に鐘鳴りひびく。
 裸木の林に、蒼の浅間が透いている。

 (21 December 2016  長野県北佐久郡軽井沢町)

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

ドア

151223s_img_0078_2

【ドア】                     画像クリック(拡大)

 古い街通り、そこにあった営為。

 (23 December 2016  長野県佐久市)

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

四季の断想

160402s_dscf5204

【四季の断想/御牧ヶ原】               画像クリック(拡大)

 ―― モミイチの耳には、また馬蹄の音がきこえているかもしれない。 ツキスミが一頭きりではしっているか、ツキスミがおおくの馬といっしょになって走っているか、かけていく馬の蹄の音が高く、低く、モミイチの耳の底にきこえてきているのかもしれない。 モミイチは、ウサギギクのお花畑のなかに、もうずっとねころんだままであった。    (庄野英二著 『星の牧場』 より)

フォトスケッチ : April 2016  長野県東御市 御牧原)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧