2017年11月 5日 (日)

花布巾

171031_s_img_5660

【花布巾】                         画像クリック(拡大)

 ブログ仲間のヨピさんのお母さんからいただいた、刺し子の花布巾です。 お元気な94歳。 ヨピさんからのメールには、母は、自分で作った物で皆さんが喜んでいただけることは生きがいの一つのようです。  「あ~ 良かった~ 喜んで貰えたんじゃな~」 と、すごく喜んでいました、とありました。
 一針一針に込められた穏やかなお気持ちが伝わってくる花布巾 ―― 家内は、使うのはもったいないと、客間の机の上に敷きました。 客人は花布巾を手にし、話題は素敵な94歳の婦人のお話しへと広がることでしょう。

 (31 October 2017  長野県小諸市 自宅にて)

「ヨピさんの水彩画集・第2集」 に次の2作品が追加されました。

1051710_2
作品5    ソナと富士山(清泉寮)
作品4    夕べに

ヨピさんの水彩画集・第2集」は、こちらからどうぞ↓
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2007/04/post-7153.html
・ 画集は、右欄 ダイジェストの ♡ ヨピさんの水彩画・第1集、第2集から
   開くことができます。

| | コメント (5)

2017年10月30日 (月)

日曜木工

171029s_dsc_1123

【日曜木工】                        画像クリック(拡大)

 二男坊クンから写真が送信されてきた。

   南の島の大王は
   その名も偉大なハメハメハ
   ロマンチックな王様で
   風のすべてが彼の歌
   星のすべてが彼の夢
   ハメハメハ ハメハメハ
   ハメハメハメハメハ

  どうやら、「マイ ウクレレ」 を手作りしているらしい。

 (29 October 2017  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

しなの鉄道開業20周年

171001s_dsc02819

【しなの鉄道開業20周年】               画像クリック(拡大)

 散歩中に出遇った、イエイ! ご当地キャラの、JR小海線ハイブリッドイメージのハイぶりっ子ちゃんと、可愛いアテンダントさんに、 はい、ポーズ。 しなの鉄道開業20周年感謝祭とのことでした。
  ―― しなの鉄道とJR小海線が発着する小諸駅です。

 (1 October 2017  長野県小諸市  しなの鉄道小諸駅懐古園側で)

| | コメント (2)

2017年8月20日 (日)

木工

170820s_dsc_0967

【木工】                           画像クリック(拡大)

 次男坊くんから写真が一枚送信されてきた。 スプーン、フォーク、バターナイフの形状に切り出された素材の上に、完成品と思われる木製のスプーンが一本乗っかっている。 登山などのアウトドア用として自作しているのだという。
 「 どうです。 この出来栄えは……」 と、自慢げである。
 「 追伸  ご注文に応じます。 素材は桜か朴ノ木です。 日頃のお世話に感謝し、格別にお安くいたします confident 」 とあった。

 (20 August 2017  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

ボーカリスト 岩崎桃子さん

170624s_img_3618

【ボーカリスト 岩崎桃子さん】           画像クリック(拡大)

 「劇団四季」での活躍を経て、シャンソンを芦野宏先生、深緑夏代先生に師事。 その広い声域で情感ゆたかに歌い上げるシャンソンは、聴く人の心に深くふかく響きます。

 (24 June 2017  群馬県渋川市 日本シャンソン館にて)
  ※写真は関係者の了解を得て掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。

●こちらの記事もどうぞ 「再会」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2008/05/post_5831.html

日本シャンソン館オフィシャルサイト

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

シャンソン歌手 ダニエル・ビダルさん(仏)

20170624s_img_3615

 ちょっとポーズをとっていただきました。

20170624s_img_3596

【シャンソン歌手 ダニエル・ビダルさん(仏)】   画像クリック(拡大)

 ステージ衣装、アクセサリー等の贈呈式で、日本シャンソン館を訪れたダニエル・ビダル(Danièle Vidal)さん。 軽やかに歌う 「オー・シャンゼリゼ」 も、そのチャーミングな姿も、今尚そのままに、シャンソンへの夢は続きます。
 館内の展示室には、あの懐かしいドーナツ盤が並んでおりました。

 (24 June 2017  群馬県渋川市 日本シャンソン館 シャンソニエで)
   ※写真は関係者の了解を得て掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。

日本シャンソン館オフィシャルサイトshine

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

フレンチカフェ シャンソンライブ

170504s1_img_2634_2

【フレンチカフェ シャンソンライブ】          画像クリック(拡大)

  ギター&アコーディオン デユオ
 人生の哀歓を歌うシャンソン
   Sous le ciel de Paris パリの空の下

 (4 May 2017  群馬県渋川市 日本シャンソン館 カフェロゾー)
  ※写真は許可を得て掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。
 フレンチカフェ オフィシャルサイト →  http://www.frenchcafe.jp/

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

タラの芽と駅弁の釜

170430s_img_2394

【タラの芽 (Aralia elata)】                    画像クリック(拡大)

 山菜採りをする人は、しばしば山野を周る。 「いつどこへ行けば何が採れるか」 野性の赴くまま自らのテリトリーの確保に余念がない。 とは云っても、テリトリーは他の人と重複することも多く、すべては時季を得た早いもの勝ちである。 まあ、熊や猿、リスなどの野生動物に準じたルールともいえる。 今季のすべり出しはまずまずである。

170430s_img_2387

【駅弁の釜】                        画像クリック(拡大)

 料理マニア?の次男坊くんがやってきて 「最高の御飯を炊いてくれる」 という。 庭机の上にとりだしたのは、信越本線横川駅の駅弁一合釜と、登山用の携帯コンロであった。 試行錯誤の上、絶妙な水加減と火加減の極意を得たのだという。 待つこと暫し、ピッカ、ピカの炊き上がり ―― 美味なること、合点、合点。

(30 April 2017  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (2)

2017年3月 5日 (日)

エレクトリックギター

170305s_img_1434

【エレクトリックギター】                   画像クリク(拡大)

 休日の朝、次男坊君が新品ギターを持ってやってきた。 ちょっぴり得意気に自作の曲をひとしきり。 フルアコエレクトリックギター EpiphoneCasino ―― ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンも愛用したギターという。

 (5 March 2017  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

カイザーゼンメル

170224word_img_1295_2

【カイザーゼンメル】                   画像クリック(拡大)

 あのマリア・テレジアも食したというカイザーゼンメル。
 山国の小さな家の小さなオーブンの中で焼き上がっています。 

 (24 February 2017  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧