2019年2月17日 (日)

お雛さまの通り

190225s_img_4256

【お雛さまの通り】                    画像クリック(拡大)

 平成雛、亨保雛を飾る町家の硝子戸、春待つ想い。

 (15 February 2019  長野県小諸市 北国街道小諸宿)

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

北国街道小諸

190215s_img_4248

【北国街道小諸宿 荒町界隈/フォトスケッチ】   画像クリック(拡大)

 午後の街、昭和浪漫の街通り。

フォトスケッチ : 15 February 2019  長野県小諸市荒町)

●こちらの記事もご覧ください雨の北国街道(小諸)

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

南無観世音菩薩

180214s_img_7166

【南無観世音菩薩】                    画像クリック(拡大)

(14 February '18  長野県東御市 湯の道二十二番 千手観世音菩薩)

●こちらのブログ記事もご覧ください湯の道観音

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

鼻顔稲荷神社初午祭

190211s_img_4195

【鼻顔稲荷(はなずらいなり)神社初午祭】        画像クリック(拡大)

 一年の福寿を護っていただいた達磨さんを納める家族。新たな年の達磨さんを抱えていそいそと帰る家族。 家内安全、商売繁盛、信州岩村田・鼻顔稲荷神社初午祭です。

 (11 February 2018  長野県佐久市岩村田 鼻顔稲荷神社)

●こちらのブログ記事もご覧ください鼻顔稲荷神社

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

銀河鉄道の夜

190209s_img_4105

【銀河鉄道の夜】                     画像クリック(拡大)

 気がついてみると、さっきから、ごとごとごとごと、ジョバンニの乗っている小さな列車が走りつづけていたのでした。 ほんとうにジョバンニは、夜の軽便鉄道の、小さな黄いろの電灯のならんだ車室に、窓から外を見ながら座っていたのです。

                      宮沢賢治著 『銀河鉄道の夜』 より

フォトスケッチ : 9 February 2019 八ヶ岳高原鉄道)

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

コバルト山地

190125s_img_3820_2

 コバルト山地   宮沢賢治              画像クリック(拡大)

 コバルト山地の氷霧のなかで
 あやしい朝の火が燃えてゐます
 毛無森のきり跡あたりの見當です
 たしかにせいしんてきの白い火が
 水より強くどしどしどしどし燃えてゐます

 (25 January 2018  長野県小諸市 浅間山麓)

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

テイク・ファイブ

190130_img_8402w

【愛用の大型スピーカー】                   画像クリック(拡大)

  五十年ほど前のことですが、ハイファイ音を求めて真空管プリメインアンプを設計自作したことがあります。 遠い記憶の中にながれているのは、試聴・調整に使ったあのDave Brubeckの「Take Five」です。

  (30 January 2019  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (4)

2019年1月23日 (水)

街通りで

190120s_img_3622

 出川さんの 「充電させてもらえませんか ?」 ですね。  豊富な学生用品とお祭り用品を揃えておりますと、あります。 

190120s_img_3628

  看板には「初恵比寿大祭縁日」とあります。 北国街道沿いの細い参道、何やらほっこりとしてくる風情です。

(20 January 2018  長野県小諸市 北国街道にて)  画像クリック(拡大)

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

碌山美術館への道

190103s_img_3255

 フォトスケッチ 碌山美術館             画像クリック(拡大)

190103s_img_3266

【碌山美術館への道】                   画像クリック(拡大)

 アルプスは風雪で消されていた。 安曇野に響く鐘の音をたどると、街角を折れた道の先に、教会風の赤煉瓦の尖塔が見えてきた。  日本近代彫刻の扉を開いた荻原碌山の作品を残す美術館である。

 (3 January 2019  長野県安曇野市穂高)

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

旧開智学校界隈

190103s_img_3323

【旧開智学校界隈】                   画像クリック(拡大)

 明治維新の建物ではあるが、江戸期の、この国この地方の民度の高さを識る建物でもある。

 (3 January 2018  長野県松本市開智)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧