2020年6月20日 (土)

山羊のいる風景

200620s-img_1298

【山羊のいる風景】                画像クリック(拡大)

 照れば鳴いて曇れば鳴いて山羊がいっぴき  山頭火

(20 June 2020  長野県佐久市 長野牧場)

●こちらのブログ記事もご覧ください → 山羊と少年 

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

ル・ジャルダン

190608s-img_6144

【ル・ジャルダン】               画像クリック(拡大)

 きこえてくるのはジャクリーヌ・フランソワ 「ばら色の人生」

(8 June 2019 群馬県渋川市 日本シャンソン館)

こちらのブログ記事もご覧ください六月はいっせいに花ひらく

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

和紙店

200602s-img_0007

【和紙店 小諸/俵万智 (4)】         画像クリック(拡大)

 和紙店に便箋の色迷いおり時間の厚みこんなふうにも   
             俵万智 『チョコレート革命』 もどり橋までの章より

 散策の城下町、文豪島崎藤村が屡々訪れたという和紙店。 戸口にさり気なく貼られた俵万智の歌。

(2 June 2020  長野県小諸市本町)

こちらのブログ記事もご覧ください坂の町 小諸/俵万智(3)

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

坂の町

200602s-img_0013

【坂の町 小諸/俵万智(3)】         画像クリック(拡大)

 片恋の見え隠れするような道 坂道多き町なり小諸
              俵万智 『チョコレート革命』 もどり橋までの章より

 初夏の小諸 ――  昼下がりを白い風が吹きぬけていく。

(2 June 2020  長野県小諸市荒町)

こちらのブログ記事もご覧ください千曲川 もどり橋まで/俵万智(2)

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

山の牧場

200529s-img_9837

【 山の牧場 】                       画像クリック(拡大)

 『たてしなの歌』    尾崎喜八
  山の牧場の青草に
  あまたの牛を放ちけり
  あまたの牛はひろびろと
  空の真下に散りにけり

 蓼科山麓 初夏―― 標高1300m、牛の放牧始まる。

(29 May 2020  長野県佐久市協和 望月高原牧場)

こちらのブログ記事もご覧ください千代里牧場

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

忘れな草(Myosotis L.)

200514s-img_9758_20200517173501

【花の歌/忘れな草】             画像クリック(拡大)

   Forget me not
 たれ想ふ忘れな草の優しさよ花高原の空の色して

(May 2013  長野県諏訪郡原村 八ヶ岳山麓にて)

こちらのブログ記事もご覧くださいわすれな草(竹久夢二)

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

山吹の花

110515s-img_3580

【花咲く家】                                                 画像クリック(拡大)

 山吹の花咲き尋ねて居る    放哉

(16 May '11  長野県小諸市 自宅界隈)

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

コンテンポラリー アート

140420s-dscf4705

【コンテンポラリー アート】          画像クリック(拡大)

 Contemporary Art ?
 いいえ 「のうぎょうハウス」 です。

(20 April '14  長野県佐久市浅科)

| | コメント (2)

2020年5月 9日 (土)

Kaohsiung 2015

150422s-dsc02456

【Kaohsiung 2015】                                     画像クリック(拡大)

 フォトファイルから一葉。 
 より深く情緒的に…… モノクロームならでは、ですね。

(April 2015  Kaohsiung International Airport)

こちらのブログ記事もご覧ください街角

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

高原

200425s-img_9658

【高原】                   画像クリック(拡大)

 四月下旬、高原はまだ春浅い色だが、この後、芽吹きとともに季節は突き抜けるように初夏へと向かう。  この地にゆかりの女流小説家、鷹野つぎは 「信濃の春は短いと私は思う だが深いそして非常に清新である …… 」 と記している。

(25 April 2020  長野県南佐久郡小海町 松原湖高原)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧