2020年3月12日 (木)

ズームレンズの先に

170404s-dscf7458

【ズームレンズの先に】             画像クリック(拡大)

 月齢12.5の昼月。 北アルプス上空のそこは航空路であるらしく、また一機、航跡雲をひいて東へ向かう機影があった。

('17 長野県北安曇郡白馬村にて)

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

層雲/浅間山

200303s-img_3818

【層雲(Stratus)/浅間山】          画像クリック(拡大)

 冷えこんだ朝、千曲川に沿って上がってきた気流は厚い層雲となって流れ、何ともダイナミックな景色を演出します。

(3 March 2020  長野県小諸市 自宅より)

こちらのブログ記事もどうぞ絹積雲(Cirrocumulus

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

浸食谷で

200303s-img_3821

【浸食谷で】                 画像クリック(拡大)

 そこは垂直の白い谷壁と平坦な谷底からなり、高さ5~15m、幅約100mの凹字状の谷が浅間山の方角へ4kmほど続いています。 浅間山の1~2万年前の火山活動で生じた火砕流や噴出物の堆積層が、幅5mほどの川によって浸食されてできた谷です。 
 谷から浅間山の火口までは直線距離で14km。 この谷の軽石層や高熱によって赤紫色に変色した層を見るとき、浅間山の優美な姿に秘められた火山の驚異を感じざるをえません。
 細長い谷は木々に縁取られ、外界と隔てられた静かな佇まいを見せています。 家から最も近いウォーキングコースです。

(3 March 2020  長野県小諸市)

こちらのブログ記事もご覧ください浅間山-仏岩火山火口壁

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

霧氷の森で

200201s-img_9031

【霧氷の森で】                 画像クリック(拡大)

(1 February 2020  長野県小諸市 南ヶ原)

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

層雲

200119s-img_9008

【層雲 (Stratus)】             画像クリック(拡大)

 山沿いに発達した層雲。 
 日の出とともに、さらにうねり巻き上がり、
 ダイナミックな山岳風景を演出します。

(19 January 2020  長野県小諸市 自宅にて)

こちらのブログ記事もご覧ください 層雲/浅間山

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

層雲ながれる/浅間山

171223s-img_8716

【層雲ながれる/浅間山】           画像クリック(拡大)

(23 December 2019  長野県小諸市 自宅にて)

こちらのブログ記事もご覧ください層雲(Stratus)

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

送電鉄塔のある風景/払暁

191213s-img_3144

【送電鉄塔のある風景/払暁】         画像クリック(拡大)

フォトスケッチ:13 December 2019  長野県佐久市)

こちらのブログ記事もご覧ください送電鉄塔のある風景(蓼科山麓)

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

こぎつね天文台

191203s-img_3039

【こぎつね天文台】              画像クリック(拡大)

 想像してみてください。
 天文台の夜の、
 池面に映る満天の星々を。

(3 December 2019  長野県小諸市 御牧ヶ原)

こちらのブログ記事もご覧ください星明りの夜

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

昭和ノスタルジー/写真フィルム

191130s-img_3026
S431968191130s
                   昭和43年(1968年)  榊原るみ
【昭和ノスタルジー】

 千曲川の河川敷に置かれたベンチの背に、かすかに読み取れる 「サクラカラー KONICA」 の文字。 随分お世話になった写真フィルムで、小西六写真工業(現 コニカミノルタ)のブランドです。 時は流れてデジタルカメラ全盛の現在、国産フィルムの生産は 富士フィルム㈱ 一社となっています。
 深みのあるフィルム写真、シャープなデジタル写真、そんな感じがします。  

(30 November 2019  長野県佐久市今岡)

●こちらのブログ記事もご覧ください → あの頃のカメラ あの頃の写真

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

JAXA臼田宇宙空間観測所

191120s-img_2929
2019
(航空写真:JAXA 美笹深宇宙探査用地上局PRサイトより引用/文字追加)

【JAXA臼田宇宙空間観測所】          画像クリック(拡大)

 写真は、1984年(昭和59年)以来、小惑星探査機 「はやぶさ」 など、国内外の惑星探査機との交信を担ってきた 「JAXA臼田宇宙空間観測所」 の直径64mの巨大パラボラアンテナです。 JAXAは、アンテナは設計寿命を大幅に超えており、同観測所の主な機能は、北方約1500mの尾根上に竣工した、直径54mの高性能アンテナを有する 「JAXA美笹深宇宙探査用地上局」 へ引き継がれると報じています。 地球に向かって帰還中の探査機 「はやぶさⅡ」 の成果が待たれます。

(20 November 2019  長野県佐久市上小田切 JAXA臼田宇宙空間観測所にて)

こちらのブログ記事もご覧くださいJAXA臼田宇宙空間観測所

| | コメント (0)

より以前の記事一覧