2018年8月12日 (日)

驟雨去る

180810s_img_1135

【驟雨去る】                       画像クリック(拡大)

 驟雨去る。
 山には、まだ、雨霧がためらいがちに漂っている。 

 (10 August 2018  長野県北佐久郡立科町 蓼科牧場)

●こちらのブログ記事もご覧ください雨境峠にて(立科町)

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

霧雨の朝

180808s_img_0967

【霧雨の朝】                         画像クリック(拡大)

 住人を探してみたが、どこかへ隠れてしまったようだ。

 (8 August 2018  長野県小諸市 自宅庭にて)

| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

シラサギのいる風景

180728s_dscf2745

【シラサギのいる風景・千曲川】            画像クリック(拡大)

(28 July 2018  長野県佐久市 千曲川今井水門)

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

ツマグロヒョウモン蝶(Argynnis hyperbius)

180720word_dscf2698

【ツマグロヒョウモン蝶(♀)】              画像クリック(拡大)

 「ついに現れた」 そう思いました。 
 夕刻の庭に一頭の蝶、 ” ツマグロヒョウモン蝶 ” です。 以前、安曇野と群馬県の高崎市で見たことがありましたが、標高が高い小諸佐久地方で見るのは初めてです。 やや小振りで若く、この近くで羽化した個体と思われます。
 ツマグロヒョウモン蝶は熱帯・温帯域に分布、日本における生息域は、1980年代までは南西諸島から近畿地方までとされていましたが、徐々に北上し、関東地方の平野部など各地で定着し普通種になりつつあるといわれています。 地球温暖化が原因ではと考えられています。
  ―― 酷暑の夏、信州もまた例年にない暑さが続いています。

 (20 July 2018  長野県小諸市 自宅庭にて)

●こちらのブログ記事もご覧くださいツマグロヒョウモン蝶(開翅)

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

アサギマダラ (Parantica cita)

180720word_dscf2682

【扉峠 (1650m) にて】                 画像クリック(拡大)

 峠は夏緑が明るく、羽化して間もないと思われる若いアサギマダラが数頭、フジバカマの花にきていた。 指を差し出すとそのまま指の上に乗ってきた。 吸蜜に夢中なのか、警戒心はないようである。

 (20 July 2018  長野県小県郡長和町和田 扉峠にて)

●こちらのブログ記事もご覧くださいアサギマダラ(宮古島) 

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

蓼科第二牧場 (Equus caballus)

180705s1_dscf2561

【蓼科第二牧場 (Equus caballus)】          画像クリック(拡大)

  馬の背に、終日、雨降る。

 (5 July 2018  長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ原)

●こちらのブログ記事もご覧ください草原にて

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

シジュウカラ孵化

180626word_img_0321

【シジュウカラ孵化】                   画像クリック(拡大)

 巣作りから23日、雛の小さな声がぴちぴち聞こえる。 家内が近くで花の手入れをしているが、親鳥が警戒する様子はない。 猫の「時次郎」や悪戯カラスを追い払うために、家内をうまく利用しているふしがある。

 (26 June 2018  長野県小諸市 自宅庭にて)

●こちらのブログ記事もご覧ください → となりの家の時次郎
                       再びシジュウカラ

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

夕べに

180626s_dscf2422_2

【夕べに】                          画像クリック(拡大)

  夕べの池は銀色小波。 水面に透る鷺の声。

 (26 June 2018  長野県佐久市 杉ノ木貯水池)

●こちらのブログ記事もご覧ください夕べに

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

乗鞍岳・日本雷鳥(Lagopus muta)

180613s_dscf2300_2

 乗鞍岳(3026m) ・ 雷鳥生息域           画像クリック(拡大)

180613word_img_0141_2

 ハイマツ帯と雷鳥(♂夏羽)             画像クリック(拡大)
   
180613s_dscf2331

 雷鳥オス(夏羽)                     画像クリック(拡大)

【日本雷鳥(Lagopus muta)】

 乗鞍岳の標高2600m付近で、雷鳥の鳴き声を聞いた。 一羽の雄鳥(夏羽)が、5mほど先の火山岩の上に止まっている。 かつて後立山連峰の山行で見て以来である。 足輪が付けられているから生態調査の対象個体のようである。 近くに営巣しているものと思われる。
 雷鳥は国指定の特別天然記念物で絶滅危惧2類。 国内での生息域は標高2200m~2400m以上の高山帯で、この乗鞍岳のほか、北アルプス、南アルプス、御嶽山、頸城山塊(火打山)などに限られるという。 S夫人と家内は、初めて見る雷鳥に興味津々、念願叶うといったふうである。

 (13 June 2018  長野県松本市安曇 中部山岳国立公園・乗鞍岳にて)

| | コメント (2)

2018年6月11日 (月)

アオサギ(Ardea cinerea)

180611s_dscf2266

【アオサギ(Ardea cinerea)】                  画像(クリック)

  浮島のデユオ、いのちの歌。 

 (11 June 2018  長野県佐久市 杉ノ木貯水池)

●こちらのブログ記事もどうぞアオサギのいる風景(千曲川) 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧