2018年7月10日 (火)

ハクサンフウロ/高峰高原

180710word_img_0608

【ハクサンフウロ (白山風露)】               画像クリック(拡大)

  名を 風露 と云ふもゆかし ―― 高峰山(2106m)を登ってきたというご夫婦が、たくさん咲いていましたと、うれしそうに話された。

 (July 2018  長野県小諸市 上信越高原国立公園 高峰高原)

●こちらのブログ記事もご覧ください高峰高原にて

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

乗鞍高原の池

180613s_dscf2359

【乗鞍高原の池】                     画像クリック(拡大)

 残雪の乗鞍岳、流れゆく雲を映して、乗鞍高原まいめの池。

 (13 June 2018  長野県松本市安曇 乗鞍高原まいめの池)

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

乗鞍岳・日本雷鳥(Lagopus muta)

180613s_dscf2300_2

 乗鞍岳(3026m) ・ 雷鳥生息域           画像クリック(拡大)

180613word_img_0141_2

 ハイマツ帯と雷鳥(♂夏羽)             画像クリック(拡大)
   
180613s_dscf2331

 雷鳥オス(夏羽)                     画像クリック(拡大)

【日本雷鳥(Lagopus muta)】

 乗鞍岳の標高2600m付近で、雷鳥の鳴き声を聞いた。 一羽の雄鳥(夏羽)が、5mほど先の火山岩の上に止まっている。 かつて後立山連峰の山行で見て以来である。 足輪が付けられているから生態調査の対象個体のようである。 近くに営巣しているものと思われる。
 雷鳥は国指定の特別天然記念物で絶滅危惧2類。 国内での生息域は標高2200m~2400m以上の高山帯で、この乗鞍岳のほか、北アルプス、南アルプス、御嶽山、頸城山塊(火打山)などに限られるという。 S夫人と家内は、初めて見る雷鳥に興味津々、念願叶うといったふうである。

 (13 June 2018  長野県松本市安曇 中部山岳国立公園・乗鞍岳にて)

| | コメント (2)

2018年6月13日 (水)

北アルプス 乗鞍岳

180613s_dscf2301

  乗鞍岳主峰(大雪渓・肩の小屋口にて)     画像クリック(拡大)
   
180613s_img_0147_2

 雪の回廊を行く                    画像クリック(拡大)

180613s_img_0167

 位ヶ原山荘(2350m)                画像クリック(拡大)

【乗鞍岳(3026m)】                           

 山岳道路は除雪中で、全線開通は七月初めという。 一日数本のシャトルバスが標高2610mの 「大雪渓・肩の小屋口」 で折り返して戻って行ってしまうと、後は抜けるような青い山岳の空。
 S夫妻と共に、雪の回廊を通り、残雪のハイマツ帯、岳樺の尾根を、中腹の位ヶ原山荘まで歩いて下りることにした。 途中でうまい珈琲を淹れよう。

 (13 June 2018  長野県松本市安曇 中部山岳国立公園・乗鞍岳)

| | コメント (2)

2018年6月 7日 (木)

蓼科山

180601s_img_9811

【蓼科山】                         画像クリック(拡大)

(1 June 2018  長野県茅野市 霧ケ峰高原にて)

| | コメント (0)

2018年5月25日 (金)

荒船山遠望

180524s_img_9639

【荒船山遠望】                      画像クリック(拡大)

 はるか蒼い連なり、妙義荒船佐久高原国定公園・上信国境の山。  

 (24 May 2018  長野県佐久市協和 望月高原牧場にて)

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

小麦畑

180510s_img_9304

【小麦畑】                                  画像クリック(拡大)

 浅間嶺は立夏の雪。
 ひどくひやひやした風が流れて、
 麦畑が下から上へ青く波うった。

 (10 May 2018  長野県東御市/小諸市 御牧ヶ原いちご平にて)

●こちらのブログ記事もご覧ください御牧ヶ原いちご平

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

青嵐

180510s_img_9296

【青嵐/立夏の雪】                    画像クリック(拡大)

(10 May 2018  長野県小諸市 自宅裏にて)

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

八ヶ岳連峰

180427s_img_8933

【フォトスケッチ/八ヶ岳連峰】             画像クリック(拡大)

 残雪の山巓に向かって伸びる稲子尾根。 稲子の集落から硫黄岳の火口壁直下の本沢温泉小屋まで4時間、かつて冬山によく利用したコースでした。 あの明るい草地の稲子牧場跡も番小屋跡も草木に覆われてすっかり変ってしまったようです。 このコースを辿る登山者は今もいるだろうかと思ったりします。

 (27 April 2018  長野県南佐久郡小海町 白樺尾根にて)

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

残雪の北アルプス・後立山連峰

180412s_img_8664

【残雪の北アルプス・後立山連峰】          画像クリック(拡大)

(12 April 2018  長野県北安曇郡池田町陸郷)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧