« 中山道茂田井宿 | トップページ | 層雲/浅間山 »

2020年3月 3日 (火)

浸食谷で

200303s-img_3821

【浸食谷で】                 画像クリック(拡大)

 そこは垂直の白い谷壁と平坦な谷底からなり、高さ5~15m、幅約100mの凹字状の谷が浅間山の方角へ4kmほど続いています。 浅間山の1~2万年前の火山活動で生じた火砕流や噴出物の堆積層が、幅5mほどの川によって浸食されてできた谷です。 
 谷から浅間山の火口までは直線距離で14km。 この谷の軽石層や高熱によって赤紫色に変色した層を見るとき、浅間山の優美な姿に秘められた火山の驚異を感じざるをえません。
 細長い谷は木々に縁取られ、外界と隔てられた静かな佇まいを見せています。 家から最も近いウォーキングコースです。

(3 March 2020  長野県小諸市)

こちらのブログ記事もご覧ください浅間山-仏岩火山火口壁

|

« 中山道茂田井宿 | トップページ | 層雲/浅間山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山道茂田井宿 | トップページ | 層雲/浅間山 »