« 達磨大師立像 | トップページ | 映画の町・信州上田 »

2019年8月14日 (水)

襖絵(部分)

190811s-img_7165

【襖絵(部分)/生家】            画像クリック(拡大)

 作者不明、江戸時代のものと思われますが定かではありません。 幼い頃より身近にあった襖絵で、農家の春夏秋冬の暮らしぶりを描いた二間四枚立のうちの一枚(部分)です。 草屋の前に鍬を肩に二人の農婦、お喋りが聞こえてきます。

(11 August 2019  長野県上田市 塩田平 生家にて)

|

« 達磨大師立像 | トップページ | 映画の町・信州上田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 達磨大師立像 | トップページ | 映画の町・信州上田 »