« かまど炊きご飯 | トップページ | 日盛りの庭 »

2019年8月11日 (日)

郷土玩具

190811s-img_7170

【郷土玩具(岩手)】             画像クリック(拡大)

 次兄夫婦の名で 「昭和48年8月 東北旅行土産」 とある。 長野市内の中学校で国語教師をしていた頃、宮沢賢治ゆかりの地を旅した時のものらしい。 真新しい色合いのまま飾り棚に収まっていた。

 古い写真フォルダーの中に次兄が教え子の卒業文集に寄せた詩・文があって、次のような文章で結んであった。
   ― 飛翔 ―
   鳴いて飛ぶ
   鳥はいくつか
   山脈を越えた……
   白き空間に
   せわしない羽音を残して
   一万フィートの山々

 (中略) 中学時代という、人の一生の中で最も印象的な時代を、それぞれにせいいっぱいの姿で乗りきってきた皆さんは、また次の段階に向って連山を越えて羽ばたこうとしています。 一人一人がどうか無事でがんばっていってほしい。 私は皆さんの前途の幸せを心から祈っています。

(11 August 2019  長野県上田市 塩田平 生家にて)

|

« かまど炊きご飯 | トップページ | 日盛りの庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かまど炊きご飯 | トップページ | 日盛りの庭 »