« 新元号 令和 | トップページ | アオゲラ(Picus awokera) »

2019年4月 2日 (火)

しなの鉄道/浅間山麓

190402s-img_0492

【しなの鉄道/浅間山麓】            画像クリック(拡大)

 深田久弥は著書 『日本百名山』 で、浅間山について冒頭に次のように書いています。
 ―― 私の郷里からの東京行きは信越線によった。夕方汽車に乗ると、軽井沢あたりでうっすらと夜が明ける。鋼鉄色をしたした大空に、ズングリと丸坊主の山が浮かんでいる。浅間山である。長い夜汽車の果て、最初に私を迎えてくれる自然がこの山であった。関東が近くなったな、という感じをこの時ほど新鮮に受けることはなかった。
 記述のこの光景は、旧信越本線(現しなの鉄道)の御代田-信濃追分駅あたりと思われます。 浅間山麓を行く列車、高原風情をしみじみと感じさせる路線です。
          (2 April 2019  長野県北佐久郡軽井沢町追分)

こちらのブログ記事もご覧ください浅間山

|

« 新元号 令和 | トップページ | アオゲラ(Picus awokera) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新元号 令和 | トップページ | アオゲラ(Picus awokera) »