« ツグミと赤りんご | トップページ | こどもの情景 »

2019年1月30日 (水)

テイク・ファイブ

190130_img_8402w

【愛用の大型スピーカー】                   画像クリック(拡大)

  五十年ほど前のことですが、ハイファイ音を求めて真空管プリメインアンプを設計自作したことがあります。 遠い記憶の中にながれているのは、試聴・調整に使ったあのDave Brubeckの「Take Five」です。

  (30 January 2019  長野県小諸市 自宅にて)

|

« ツグミと赤りんご | トップページ | こどもの情景 »

コメント

こんにちは

驚きました

オンキョーですね

ぼくも同じ 77 のスピーカーです
眠っていますが

アンプもセットで眠っています(20年以上)

初任給が 14万円ほどのころで
丸ごと吹っ飛びましたね

良き時代でした

投稿: ねこさん。 | 2019年1月31日 (木) 11:32

ねこさん
そういえば、この77スピーカーも20年以上使っています。 昭和40年代、部品集めに通った秋葉原の電気街は今はどうなっているのでしょう。 部品屋のおやじさんとのやり取りを懐かしく思い出しました

投稿: 蒼山庵 | 2019年1月31日 (木) 23:47

こんにちは

秋葉原は随分と変化したようですね

(私は50年代です)

私は母校から歩いて行けたので、研究室の部材を買いに走ったりする人も多かったです

秋葉原も変化しただろうし、母校も移転したし、少しさみしいものを感じています

投稿: ねこさん。 | 2019年2月 1日 (金) 10:52

ねこさん
自作の真空管アンプは出力管6BQ5シングルプリメインステレオアンプ(出力5W)、スピーカーはパイオニアのPAX20F複合スピーカーでした。このスピーカーは今でも中古市場で結構高値で取引されているようです。
全体に今のシステムよりもはるかに高音質だったように思えてくるのはノスタルジーのせいでしょうか

投稿: 蒼山庵 | 2019年2月 2日 (土) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツグミと赤りんご | トップページ | こどもの情景 »