« 積乱雲(Cumulonimbus) | トップページ | 塩田平盛夏 »

2018年7月 1日 (日)

鏝絵のある風景

180627s_img_0366

 鏝絵(こて絵)のある土蔵 (茅野市糸萱集落)

180627s_img_0384 180627s_img_0399_2 180627s_dscf2463

 須栗平集落           笹原集落            糸萱集落          

180627s_dscf2467 180627s_dscf2498 180627s_dscf2500

 糸萱集落             笹原集落            笹原集落

【鏝絵(こて絵)のある風景】                画像クリック(拡大)

 鏝絵は、左官が鏝(こて)を使って土蔵などに施す漆喰装飾で、信州では八ヶ岳西麓の集落で多く見られる。 絵柄は様々あり、この地に暮らす人々の祈りや願いが込められているという。 その中の 「大黒さま」 の鏝絵を幾つか取り上げてみた。 五穀豊穣と家の繁栄を願う ものという。 見る者も、ほのぼのと仕合わせな心持ちになってくる。

 (27 June 2018  長野県茅野市 八ヶ岳西麓の集落にて)

|

« 積乱雲(Cumulonimbus) | トップページ | 塩田平盛夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 積乱雲(Cumulonimbus) | トップページ | 塩田平盛夏 »