« 湖畔のロッジ | トップページ | 乗鞍岳・日本雷鳥(Lagopus muta) »

2018年6月13日 (水)

北アルプス 乗鞍岳

180613s_dscf2301

  乗鞍岳主峰(大雪渓・肩の小屋口にて)     画像クリック(拡大)
   
180613s_img_0147_2

 雪の回廊を行く                    画像クリック(拡大)

180613s_img_0167

 位ヶ原山荘(2350m)                画像クリック(拡大)

【乗鞍岳(3026m)】                           

 山岳道路は除雪中で、全線開通は七月初めという。 一日数本のシャトルバスが標高2610mの 「大雪渓・肩の小屋口」 で折り返して戻って行ってしまうと、後は抜けるような青い山岳の空。
 S夫妻と共に、雪の回廊を通り、残雪のハイマツ帯、岳樺の尾根を、中腹の位ヶ原山荘まで歩いて下りることにした。 途中でうまい珈琲を淹れよう。

 (13 June 2018  長野県松本市安曇 中部山岳国立公園・乗鞍岳)

|

« 湖畔のロッジ | トップページ | 乗鞍岳・日本雷鳥(Lagopus muta) »

コメント

うわぁ~、見ているだけで気持ちがいい~happy01
乗鞍はたしか高校の修学旅行で登りました。
全然記憶も残っていませんが、なんで修学旅行が登山だったんだろう?coldsweats01
雪の回廊も憧れで、ツアーのパンフレットながめてました。
素敵なお天気で、よかったですね♡
雷鳥にも出会えたとのこと、雪渓を背景にナイスショットですshine
青いポットで淹れたコーヒー☕、さぞかし美味しかったことでしょう。
皆さんの楽しそうな笑顔が浮かびますwink

投稿: サファイア | 2018年6月15日 (金) 10:26

サファイア様
 修学旅行bookbusは乗鞍岳でしたか! 修学旅行・体験旅行・合宿などで長野県を訪れる学生・生徒数は、現在、年間100万人とも云われていますから、その
はしりだったかも知れませんねshinescissors
 サファイアさんの美しく魅かれる写真には、その時の信州の美しい自然が作用している、そんな気がしてきます、きっとshineconfident
 今回の残雪の乗鞍岳は、他に歩いて下りる人がなく独占状態、何とも贅沢なことでしたcherry

投稿: 蒼山庵 | 2018年6月15日 (金) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湖畔のロッジ | トップページ | 乗鞍岳・日本雷鳥(Lagopus muta) »