« 中山道 望月宿 | トップページ | 夕日の丘 »

2017年9月17日 (日)

街灯(駒の里)

170915s_img_5006

【街灯(駒の里)】                        画像クリック(拡大)

  信濃国望月の里―― 平安朝の時代、この地に置かれていたという 「御料牧場 望月牧」、語り継がれる伝説 「望月の駒」。 
 民謡 「望月小唄」 は次のようにうたっています。

 一、 私しゃ 信州ヤレ 望月の生まれ 山家育ちでも実がある
         ♪ヤンレ スッチョコ  ションガイナ
            ヤレコレ スッチョコ ションガイナ♪
 七、 御牧 野に咲く ヤレ あの鈴蘭は 過ぎし 月毛の 語りぐさ
 八、 姫に 恋した ヤレ 月毛の駒の 思ううらみや 四ツの鐘
 十一、鹿曲 川水 ヤレ 切れよとままよ 恋の 駒さえ 名は くちぬ
 十四、南蓼科 ヤレ 北には 浅間  間の望月 駒の里

  (15 September 2017  長野県佐久市望月)

●こちらの記事もどうぞ 「マンホール蓋(望月の駒)」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2016/04/post.html

|

« 中山道 望月宿 | トップページ | 夕日の丘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山道 望月宿 | トップページ | 夕日の丘 »