« 信州の鎌倉・塩田平 界隈 | トップページ | 佐久織り展・ご案内 »

2017年6月30日 (金)

ボジャ猫(Felis silvestris catus)

170629s_dscf8470

【ボジャ猫(Felis silvestris catus)】         画像クリック(拡大)

 今日もやって来ました、ボジャ猫様。
 「 イエイ 

 おれ、傍若無人猫、略してボジャ猫。 三ヶ月ほど前のことだ。 鳥を追っかけて、この木にかけ上がり、枝先から大ジャ~ンプ、蒼山庵とやらの屋根に一気に跳び移った。  ―― が、屋根から覗いた下の、その余りの高さに手脚が震え下りられなくなってしまった。
 夕方になっても誰も気づいてはくれなかった。 声はかすれて出なくなった。 そして、氷点下の暗い夜がやってきて、そして幾晩か過ぎていった。 朝になって、瓦に光る霜の滴を舐めた。 何日経ったのだろう、寒くて、腹ペコで、目が廻り、やがて意識が薄れ次第に遠のいていった。
 気がつくと、辺り一面花が咲いている。 真青な空が広がっている。 遠くに伝説のマタタビの森が見えた。 「ファ~ 遂に俺は死んじまったのか」 と思った。 その時 「アッ あんな所にいる」 遠くで人の声がした。 人間たちがわいわい集まってきたようだった。 ガタンと梯子が掛けられ、大きな手が伸びてきた。 首ねっこを掴まれ、なんともまぁ情けない姿で地上に下ろされたって次第だ。
 人間たちは、猫飯にガツガツ顔を突っ込む吾輩に向かって、「ドジだねえ、五日も……」、「それでも猫か……」、 「日頃の傍若無人振りが裏目に出たねえ、あっはっは」、 「これで少しは、おとなしくなるかも……」  などと、散々の言い様であった。
 感謝はしているが、このままでは猫の沽券にかかわるってもんだ。 悔しさもあって、時々、木に上がってみるのだが、屋根へ跳び移る勇気は未だない。 人目があり、そのままスゴスゴと下りるわけにもいかないから、格好をつけて途中から 「イエイ」  と叫んで、飛び下りるのである。 猫にだって、中々うまくいかないことがあるってわけさ。 

 (29 June 2017  長野県小諸市 自宅にて)

|

« 信州の鎌倉・塩田平 界隈 | トップページ | 佐久織り展・ご案内 »

コメント

蒼山庵さんshine
このお話、実話ですか?
ドキドキハラハラしながら読みました。
伝説のマタタビの森がみえたときには
もうダメなの~weep
無事で良かったです、ボジャ猫くんcatclover
とても面白くて、まるで童話を読んでいるようでしたbooknotes

九州では豪雨被害で本当にお気の毒ですが
こちらは猛暑の上に水不足、
蒼山庵さんも奥様も熱中症など注意されて下さいねsun
毎晩アップされるのを楽しみに待っていますconfident

投稿: ヨピ | 2017年7月10日 (月) 11:39

ヨピ様

 ご照会のボジャ猫catのことは、蒼山庵日誌に、短く次のように書いてありました。

 3月8日(水)晴れ
 ――― 行方不明だった、前の家の猫catが、わが家の屋根の上で発見される。 五日目とのこと。みんなで梯子をかけて救出、ボロボロの状態。 栃の木から上がったか? そういえば、深夜、小さな鳴声を聞いたような気がする。

 猛暑の夏、健康に留意され、みなさまもソナさまもお元気にお過ごしください。
                             ボジャ猫拝cat 


投稿: 蒼山庵 | 2017年7月10日 (月) 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信州の鎌倉・塩田平 界隈 | トップページ | 佐久織り展・ご案内 »