« 青空に | トップページ | 花桃の里/信州武石余里 »

2017年5月 1日 (月)

タラの芽と駅弁の釜

170430s_img_2394

【タラの芽 (Aralia elata)】                    画像クリック(拡大)

 山菜採りをする人は、しばしば山野を周る。 「いつどこへ行けば何が採れるか」 野性の赴くまま自らのテリトリーの確保に余念がない。 とは云っても、テリトリーは他の人と重複することも多く、すべては時季を得た早いもの勝ちである。 まあ、熊や猿、リスなどの野生動物に準じたルールともいえる。 今季のすべり出しはまずまずである。

170430s_img_2387

【駅弁の釜】                        画像クリック(拡大)

 料理マニア?の次男坊くんがやってきて 「最高の御飯を炊いてくれる」 という。 庭机の上にとりだしたのは、信越本線横川駅の駅弁一合釜と、登山用の携帯コンロであった。 試行錯誤の上、絶妙な水加減と火加減の極意を得たのだという。 待つこと暫し、ピッカ、ピカの炊き上がり ―― 美味なること、合点、合点。

(30 April 2017  長野県小諸市 自宅にて)

|

« 青空に | トップページ | 花桃の里/信州武石余里 »

コメント

こんばんは。
この釜の中にタラの芽が入っているのでしょうか?どんなご飯なのか凄く気になります。タラの芽は天ぷらのイメージが強いのですが炊き込みご飯もイケそうです。

投稿: nan | 2017年5月 2日 (火) 21:17

nan様
 お釜の中は真っ白御飯です。いかに美味しく炊き上げるかが、料理の達人の第一条件なんだそうです。タラの芽ですが、やはり天ぷらでいただきました。

投稿: 蒼山庵 | 2017年5月 2日 (火) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青空に | トップページ | 花桃の里/信州武石余里 »