« アオサギのいる風景 | トップページ | 残照の温水路 »

2017年5月21日 (日)

イオウ苔(Cladonia theiophia)

170516s_img_2987

【イオウ苔】                        画像クリック(拡大)

 火山地帯や硫黄分の多い地に分布。 子器のあざやかな赤はモンローリップ(マリリン・モンローの口唇)と呼ばれるという。 そういえば、ここは南北30kmに及ぶ八ヶ岳大火山群である。

 (16 May 2017  長野県南佐久郡佐久穂町 八千穂高原)

|

« アオサギのいる風景 | トップページ | 残照の温水路 »

コメント

こんばんは。
生物は様々な環境に順応して生きていきますね。
それにしてもモンローリップとは・・・
ネーミングされた方の感性に脱帽です。^^

投稿: nan | 2017年5月22日 (月) 20:04

nan様
火山が多い、そちら北海道にも分布しているのでしょうか。
魅惑のモンローリップ、探して見てください。

投稿: 蒼山庵 | 2017年5月23日 (火) 06:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アオサギのいる風景 | トップページ | 残照の温水路 »