« 柿の実赤い | トップページ | 二基のクレーン »

2016年12月 4日 (日)

いろはかるた原画展

20161203s_dscf6772

【いろはかるたと紙芝居の原画展】         画像クリック(拡大)

 も 門前の小僧習わぬ経を読む(江戸)
 も 餅は餅屋(京都)
 も 桃栗三年柿八年(大阪)

いろはかるたの諺は今でも普通に使っておりますね。  クスッと、ユーモラスに清水昭夫さんの原画展です。

 ●清水昭夫 作画  「 いろはかるたと紙芝居の原画展 」
   
2016年12月1日(木)~12月28日(水)  入場無料
  信州佐久 望月まちの駅  こまがた直売所 ミニギャラリー

  (3 December 2016  長野県佐久市 こまがた直売所にて)

|

« 柿の実赤い | トップページ | 二基のクレーン »

コメント

こんばんは。
 御地はもう雪の季節でしょうか?
いろはかるた、子供時代を思い出しますね。
「も」は地方によって違うのを初めて知りました。

投稿: マコママ | 2016年12月 5日 (月) 18:21

マコママ様
 こんばんは。
 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 
 当地の冬ですが、降雪はほとんどなく、関東型の冬と云ってもいいと思います(当ブログの2007年2月2日の記事をご覧ください)。
 いろはかるたは、「ご当地かるた」など種々あるようですが、江戸・京都・大阪は古くから知られる代表的なものであるようです。
 寒さが一段と増す折、ご自愛専一になさってください。
 明日がよい一日でありますようにshinecherry

投稿: 蒼山庵 | 2016年12月 5日 (月) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柿の実赤い | トップページ | 二基のクレーン »