« 晴れた朝に | トップページ | 教会のある風景 »

2016年12月20日 (火)

四季の断想

160402s_dscf5204

【四季の断想/御牧ヶ原】               画像クリック(拡大)

 ―― モミイチの耳には、また馬蹄の音がきこえているかもしれない。 ツキスミが一頭きりではしっているか、ツキスミがおおくの馬といっしょになって走っているか、かけていく馬の蹄の音が高く、低く、モミイチの耳の底にきこえてきているのかもしれない。 モミイチは、ウサギギクのお花畑のなかに、もうずっとねころんだままであった。    (庄野英二著 『星の牧場』 より)

フォトスケッチ : April 2016  長野県東御市 御牧原)

|

« 晴れた朝に | トップページ | 教会のある風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晴れた朝に | トップページ | 教会のある風景 »