« 湖畔 | トップページ | 庭のトマト »

2016年9月 8日 (木)

あの頃のあの山 鹿島槍ヶ岳

Dscf51821969

【北アルプス鹿島槍ヶ岳 黎明】            画像クリック(拡大)

 近くの御牧ヶ原に上がりますと、槍穂高連峰から後立山連峰まで北アルプスのほぼ全容を望むことができます。 隠れたベストビューポイントと云えそうです。 北西方向で眼を惹くのは、屹立する鹿島槍ヶ岳の双耳峰です。 

  深田久弥は著書 『日本百名山・鹿島槍ヶ岳』 より
 ―― 高い所に立って北アルプス連嶺が見えてくると、まず私の眼の探すのは、双耳峰を持ったこの山である。 北槍と南槍の両峰がキッとせり上がっていて、その二つをつなぐ、やや傾いた吊り尾根、その品のいい美しさは見倦きることがない。

 (フォト : 長野県大町市 爺ヶ岳種池小屋より鹿島槍ヶ岳 1969)

●こちらの記事もどうぞ 「佐久の空 (鹿島槍ヶ岳双耳峰)」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2006/05/post_e6af.html

|

« 湖畔 | トップページ | 庭のトマト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湖畔 | トップページ | 庭のトマト »