« シジュウカラ (Parus minor) | トップページ | 小諸散歩・荒町界隈 »

2016年6月 9日 (木)

小諸散歩・高浜虚子記念館界隈

160607s_dscf1885

【小諸散歩・高浜虚子記念館界隈】         画像クリック(拡大)

    山国の蝶を荒しと思はずや
    虹立ちて忽ち君の在る如し
    虹消えて忽ち君の無き如し

 昭和19年9月、戦争疎開で高原の町・小諸に移り住んだ高浜虚子は、厳しくも美しいこの地の風光を、そして人の情をうたい、句集 『小諸百句』 を編んでいる。
 記念館や虚子庵(旧宅)がある与良町界隈は、今も当時の佇まいを残している。

 (7 June 2016  長野県小諸市 北国街道 与良町)

|

« シジュウカラ (Parus minor) | トップページ | 小諸散歩・荒町界隈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シジュウカラ (Parus minor) | トップページ | 小諸散歩・荒町界隈 »