« 写真展開催 | トップページ | 丸ポストのある風景(信濃追分) »

2016年4月29日 (金)

道祖神の道で

160416s_dscf0253

【 道祖神の道で (Lamium purpureum) 】        画像クリック(拡大)

 ―― 姫踊り子草が咲いている。
 道祖神の招きにあひて、ということでもないだろうが、
 はるかな時を越えて、遠い国の山の集落にたどり着いた小さな花群れ。
 ヨーロッパ原産の野の花という。

 (16 April 2016  長野県佐久市春日 岩下にて)

|

« 写真展開催 | トップページ | 丸ポストのある風景(信濃追分) »

コメント

こんにちは!
双体の道祖神ですね。
私が生まれ育った北部九州では見かけたことはありません。(探せばあるのかも知れませんが・・・)
静岡に来て、初めて見たってところです。
そもそも、道祖神自体が少ない。
中学生くらいの時、「奥の細道」を読んでいて、道祖神って何だろうって思っていました。
事典で調べてもピンと来ず。
当時はネットもありませんでしたからね。
関東ではけっこう見かけますね。
見かけると、思わず立ち止まって、しげしげと眺めてしまいます。

投稿: FUJIKAZE | 2016年4月30日 (土) 15:57

FUJIKAZE様

双体道祖神は関東甲信地方に広く分布しているようです。
信州では中山道、甲州街道沿いや、安曇野、伊那地方で多く見かけます。
このブログで取り上げた代表的な記事をどうぞ。
・野倉の夫婦道祖神
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2006/04/post_3a46.html
・北アルプス山麓の道祖神
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2005/10/post_0b5d.html

投稿: 蒼山庵 | 2016年4月30日 (土) 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真展開催 | トップページ | 丸ポストのある風景(信濃追分) »