« 夕刻の貯水池で (Egretta) | トップページ | コブシの花の咲く頃 »

2016年4月 7日 (木)

郷土食 おなっとう

160402s_dscf9869

【郷土食 おなっとう】                  画像クリック(拡大)

 一見お粥のようなそれは ”おなっとう” というのだそうです。 こまがた直売所の ”しのぶかあさん” の話しでは、この地方の郷土食で、炊いたご飯を人肌ほどに冷まし、これに米麹をぬるま湯で溶かして加え、保温発酵させたものとのことです。 ”食べる甘酒” と云ったところでしょうか。 素朴な風味がうれしいお奨めの一品です。 しのぶかあさんの ”おなっとう” には杏が添えてありました。

 (2 April 2016  長野県佐久市布施  こまがた直売所にて)

|

« 夕刻の貯水池で (Egretta) | トップページ | コブシの花の咲く頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕刻の貯水池で (Egretta) | トップページ | コブシの花の咲く頃 »