« 夕刻の北陸新幹線東京行 | トップページ | 蓼科山 (2531m) »

2016年2月18日 (木)

白鷺のいる風景

160214s_dscf9010

【 暖気 】                               画像クリック(拡大)

 如月13日  列島の南から暖気入り 
 夜になって雨 闇の底に落雪の音を聞く

 千曲川の堤行けば  葦原の雪みな解けて 
 白き奔流巻き上がること十二尺

 (14 February 2016  長野県佐久市今井 千曲川水門)

●こちらの記事もどうぞ 「夏 ・ アオサギのいる風景(今井水門)」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2013/07/post-849e.html

|

« 夕刻の北陸新幹線東京行 | トップページ | 蓼科山 (2531m) »

コメント

蒼山庵さん。clover

素敵なお写真を
先ほどから何度もながめています。
わたしに絵が描けるなら…
わたしに楽器が奏でられたら…
わたしがもっていることばでは足りなくて…

撮って見せてくださって
ほんとうにありがとうございます。confident

投稿: ルカ | 2016年2月18日 (木) 23:34

ルカ様shine

いつもありがとうございますcherry
ルカさんの心に届きましたら幸いですconfident

週日は、15時過ぎからできるだけ歩くようにしています。
思いがけず眼にした光景、そんな一枚ですcamerapencil

ルカさんの明日がよい一日でありますようにshineclover

投稿: 蒼山庵 | 2016年2月18日 (木) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕刻の北陸新幹線東京行 | トップページ | 蓼科山 (2531m) »