« トラウトを釣る人 | トップページ | 雲間放電 »

2015年8月 6日 (木)

鏝絵

150731s_dscf3471
150731s_dscf3472

【 鏝絵 】                         画像クリック 拡大

 信州・八ヶ岳山麓の村々で見かける鏝絵 ―― 見る者にもほのぼのと幸福がやってきそうである。 鏝絵について長野日報は次のように紹介している(要約)。

 鏝絵は左官職人が鏝(こて)を使って土蔵に施す漆喰装飾で、その歴史は江戸末期にさかのぼるという。 鏝絵には施主の願いが込められているとされ、絵柄は富や財産を願う 「大黒」、豊作を願う 「恵比寿」、夫婦円満や子宝を祈る 「布袋」、健康長寿の 「鶴や亀」、魔除けの 「鷹や虎」、立身出世を願う 「鯉の滝登り」など多彩である。 信州では諏訪地方の茅野市、原村、富士見町などで多く見られる。

 (31 July 2015 長野県諏訪郡富士見町 小六集落にて)

●こちらの記事もどうぞ 「こて絵」
http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2008/05/post_4ecf.html

|

« トラウトを釣る人 | トップページ | 雲間放電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トラウトを釣る人 | トップページ | 雲間放電 »