« カラマツの道 (Larix kaempferi) | トップページ | 上田電鉄別所線 »

2015年6月10日 (水)

シロツメクサ (Trifolium repens)

150607s_dscf2113

【 シロツメクサ (Trifolium repens) 】        画像クリック 拡大

 シロツメクサはヨーロッパ原産で江戸後期に日本に渡来し、明治時代に牧草や緑肥として本格的に導入されたという。 旺盛な繁殖力で野生化し日本列島全域に爆発的に広がったが、そのやさしげな表情のせいなのか、他の帰化植物のように目の敵にされると云ったことはない。 少女は白花で花環を編み、少年は長い花茎を手折って花切り遊びに興じ、大人もまた花群れの中にしあわせを呼ぶという四葉を見つけて心を和ませる。
 私にとってのシロツメクサは、遠い日、家族総出で行った田植えの、土手一面に咲いていた 「田植え花」 としての思いが深い。

 (7 June 2015  長野県佐久市 長野牧場)

|

« カラマツの道 (Larix kaempferi) | トップページ | 上田電鉄別所線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラマツの道 (Larix kaempferi) | トップページ | 上田電鉄別所線 »