« 脱走した猫 (Felis silvestris catus) | トップページ | 浅間山初冠雪 »

2014年11月 2日 (日)

すすきと風と

141102s_dscf8072

【 すすきと風と 】       画像クリック 拡大

 そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあひだから、夕陽は赤くなゝめに苔の野原に注ぎ、すすきはみんな白い火のやうにゆれて光りました。 わたくしが疲れてそこに睡りますと、ざあざあ吹いてゐた風が、だんだん人のことばにきこえ、やがてそれは、いま北上の山の方や、野原で行はれてゐた鹿踊りの、ほんたうの精神を語りました。
                                     宮沢賢治著 『 鹿踊りのはじまり 』 より

 (Photo. : 2 November 2014  長野県佐久市桜井)

|

« 脱走した猫 (Felis silvestris catus) | トップページ | 浅間山初冠雪 »

コメント

すすきはみんな白い火のように光り。。。ほんとだー、蒼山庵さんのお写真のすすきは白い火のようです。
鹿踊りのはじまり、今ざっとネットで読んでみましたhappy01
ほのぼのといきいきと面白かったです♪
信州の秋はいかがですか?
撮りに行きたいなぁ♡どこかいい所ありますか?

投稿: サファイア | 2014年11月 3日 (月) 21:37

サファイア様

こんばんはnight
コメント、ありがとうございましたconfident
浅間山麓や八ヶ岳山麓に広がる、カラマツ樹林の黄葉はこれからです。 特にお薦めです。 金色に美しくかがやくカラマツと、高原風情―― メールにて随時、状況をお知らせしますので、ぜひどうぞshinecamera

明日がよい一日でありますようにshineclover

投稿: 蒼山庵 | 2014年11月 3日 (月) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脱走した猫 (Felis silvestris catus) | トップページ | 浅間山初冠雪 »