« 橡ノ木 (Aesculus turbinata) | トップページ | 晩秋の高原牧場にて »

2013年11月13日 (水)

からまつ考

131106s_dscf2015

【からまつ考】                       画像クリック(拡大)

  島崎藤村の作品の中に、東信州のからまつの景観について記述がないのが不思議であったが、井出孫六著 『新・千曲川のスケッチ』 に次のような一文があった。

 明治十年から二十年にかけて、千曲川流域の佐久地方一帯に、ひとわたりからまつ苗の植え付けが終わり、佐久のからまつ苗は県外から海外にまで輸出されていった……(中略)
  ―― とはいうものの、からまつの苗が成木になるまでには少なくとも二十年はかかる。詩人島崎藤村が小諸義塾にやってくるのは明治三十二年(1899)のこと、六年間の滞在中、藤村は千曲川の畔を歩いてスケッチをのこしたが、まだ彼の目にカラマツ林の美しさが入ってこなかったのは当然のことだ。  千曲川流域、佐久地方の風景が、からまつによって一変するまでにはいましばらくの時間が必要だった。

  因みに、北原白秋が浅間山麓のからまつを目にして、あの「落葉松」の詩をうたったのは大正十年(1921)という。
 平成二十五年(2013)晩秋の北佐久・蓼科牧場(写真)。 牛馬の姿はすでになく金色に輝く落葉松林がどこまでも続いていた。

 (6 November 2013  長野県北佐久郡立科町 蓼科牧場にて)

|

« 橡ノ木 (Aesculus turbinata) | トップページ | 晩秋の高原牧場にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橡ノ木 (Aesculus turbinata) | トップページ | 晩秋の高原牧場にて »