« 雪晴れの朝 | トップページ | 蒼の記憶 »

2013年1月17日 (木)

北アルプスの見える村(大岡)

090129s_img_9962

【北アルプスの見える村】                   画像クリック(拡大)

090129s_img_9953  爺ケ岳、鹿島槍ヶ岳の白い山脈(やまなみ)が見えていた。
 道祖神に護られた山あいの小さな集落は、冬の陽ざしがあかるかった。             

 (January 2009  長野県長野市大岡(旧更級郡大岡村) 芦ノ尻集落)

|

« 雪晴れの朝 | トップページ | 蒼の記憶 »

コメント

これは、麦ワラで作られた道祖神? 
でしょうか、ずいぶんと愛嬌のある、
ユーモラスなものですね。 
芸術的でもあります。 いいなあ、
こうういうのがある風景って。

投稿: たかchan | 2013年1月18日 (金) 20:56

たかchan様
人々にしあわせを…… この道祖神は長野オリンピックの開会式にも登場しました。
「芦ノ尻道祖神」で検索してみてください。
愉しくなります。

投稿: 蒼山庵 | 2013年1月18日 (金) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪晴れの朝 | トップページ | 蒼の記憶 »