« ハリエンジュと浅間山 | トップページ | 美術館の窓から »

2012年3月 5日 (月)

お別れの会

07715e_img_1510 120304e_img_7493_2
                         日本シャンソン館                             芦野先生 1996

 初めてお会いした頃に戴いた手紙に描き添えられていたスケッチ。 シャンソニエ
 のステージで気持ち良さそうに歌っているのは先生ご自身なのでしょう。
 「ラ・メール」、「パリ祭」、「枯葉」、「幸福を売る男」、「いつの日にかパリに」 …… 
 歌から歌へ、あのビロードのようなと例えられた歌声が今も心に響きます。
 シャンソン歌手芦野宏さんのお別れの会が昨日4日 日本シャンソン館で開かれ、
  たくさんの方がおみえでした。 87歳で亡くなられるまでステージに立たれ、また
 後進の指導にあたっておられた姿は、清々しいお人柄とともに多くの人の心に
 いつまでも残ることでしょう。 ご冥福をお祈りいたします。   
                           5 March 2012 (画像クリックで拡大)

●こちらの記事もどうぞ  → パリ祭コンサート
                           Chanson

|

« ハリエンジュと浅間山 | トップページ | 美術館の窓から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハリエンジュと浅間山 | トップページ | 美術館の窓から »