« 橡(Aesculus turbinata) | トップページ | 赤い屋根 »

2011年11月 5日 (土)

雨境にて

111105e_img_6362

                        雨境にて

                (5 November 2011  長野県北佐久郡 立科町 雨境)

雨と晴れの境い目に架かる虹のように
僕と君の境い目に架かるものはなんだろう
ココロ?
アイ?
キボウ?
見えなくても消えずに
ずっとそこにあるものは
       (6 November 2011  詩 ルカ)

「ルカさんの詩集」 に 詩 「雨境」 が加わりました。

   詩集は、こちらからどうぞ ……↓
 http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2007/04/post-0483.html
 右欄ダイジェスト欄の  ❤ ルカさんの詩集 からも入れます
    

|

« 橡(Aesculus turbinata) | トップページ | 赤い屋根 »

コメント

雨と晴れの境い目に架かる虹のように
僕と君の境い目に架かるものはなんだろう
ココロ?
アイ?
キボウ?
見えなくても消えずに
ずっとそこにあるものは

投稿: ルカ | 2011年11月 6日 (日) 09:02

ルカ様
標高1570米、東信濃・蓼科山の山麓を越える雨境(峠)の道は、万葉人が通った「古東山道」 であったとも伝えられています book

万葉人の詠みし歌(万葉集東歌)
 信濃なる千曲の川のさざれ石(し)も君し踏みてば玉と拾はむ

投稿: 蒼山庵 | 2011年11月 6日 (日) 21:44

蒼山庵さん。rain
いつもいつも,ありがとうございます。

雨境という地名と,お写真の色の分かれ方とが
すごく印象に残ってしまって
昨夜,何度も何度もながめていました。


・・・君し踏みてば玉と拾はむ
愛しい人に関わるものは石とても宝物shine
万葉人の想いとわたしの想いに
少し重なりを見つけられたようでうれしいです。
いろんな架け橋があるものですね。ありがとうございます。confident

投稿: ルカ | 2011年11月 6日 (日) 23:14

ルカ様
いつも素敵な詩をありがとうございます shine 
「雨境(あまざかい)」 と 「万葉集東歌」 については、以前も書いております。
つぎの ワード検索 をしてみてください。

 蒼山庵・雨境峠
 蒼山庵・古寺の雪

今日もよい日でありますようにcherry

投稿: 蒼山庵 | 2011年11月 7日 (月) 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橡(Aesculus turbinata) | トップページ | 赤い屋根 »