« 銀杏(Ginkgo biloba) | トップページ | シナノクルミ(Juglans regia) »

2011年11月20日 (日)

彩雨

111119e_img_6481_2

【彩雨】 

 城址に静かに降る雨  季節の名残りのように一本のもみじ

 島崎藤村は観察記録の中で、小諸の十一月を次のように記している。
 < 十一月 >
  木枯が吹いてきた。 梅、季、桜、銀杏なぞの霜葉は、その日一日で悉く落ちた。
 そして、こゝに集まった落葉が風に吹かれては舞い揚った。 急に 山々の景色は
 淋しく明るくなった。

      参考文献 : 小諸市・竹沢書店発行 林 勇  著  『 浅間山と千曲川と小諸 』

                     (19 November 2011  長野県小諸市 小諸城址 懐古園にて)

●こちらの記事もどうぞ → 浅間山と小諸・島崎藤村

|

« 銀杏(Ginkgo biloba) | トップページ | シナノクルミ(Juglans regia) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀杏(Ginkgo biloba) | トップページ | シナノクルミ(Juglans regia) »