« サイロのある風景(東立科) | トップページ | 落葉の街で »

2011年10月24日 (月)

絹積雲(Cirrocumulus)

111024e_img_6278_3

【絹積雲(Cirrocumulus)】

 ふと見上げる空。 うろこ雲、いわし雲、さば雲、あわ雲、ちぢみ雲 ……。

                       (24 October 2011  長野県小諸市にて)

|

« サイロのある風景(東立科) | トップページ | 落葉の街で »

コメント

日本はどんどんと、冬に向かっていますね。あっという間に今年が終わりそうですね。

投稿: tontan | 2011年10月26日 (水) 11:13

tontan様
氷晶からできているという絹積雲。この雲に列島の秋を、その深まりを知ります。
日頃、眼にする最もダイナミックな光景は、雲のある光景かと、…… そちらでは
どんな光景が見られるのでしょう。

投稿: 蒼山庵 | 2011年10月26日 (水) 23:07

こちらも大分陽が短くなりました。最近は曇りぎみであまり綺麗な空は見れません。

投稿: tontan | 2011年10月27日 (木) 20:58

tontan様
OCT.21のマイクロビーチの写真、いいですねえ!…… 空を大きく取り入れた構図、
そして雲が効果的です

投稿: 蒼山庵 | 2011年10月27日 (木) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイロのある風景(東立科) | トップページ | 落葉の街で »