« 萬屋骨董店 | トップページ | ふしぎな道具? »

2011年9月10日 (土)

宮沢賢治 『銀河鉄道の夜』 より

110910c56e

宮沢賢治 『銀河鉄道の夜』 より   1971 日本国有鉄道 小海線(C56)

 ―― 汽車の音が聞こえてきました。 その小さな列車の窓は一列小さく赤く見え、その中にはたくさんの旅人が、苹果(りんご) を剝いたり、わらったり、いろいろな風にしていると考えますと、ジョパン二は、もう何ともいえずかなしくなって、また眼をそらに挙げました。
 あの白いそらの帯はみんな星だというぞ ……

 (Drawing : 10 September 2011)

|

« 萬屋骨董店 | トップページ | ふしぎな道具? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萬屋骨董店 | トップページ | ふしぎな道具? »