« 街道の雨 | トップページ | 新緑の春日郷 »

2011年5月15日 (日)

こもろすみれ(Viola mandshurica f. plena)

110515_word_img_3565

【 小諸すみれ 】

 八重の花弁を持つ、たいへんめずらしい野生種。 大正12年に小諸市内で発見されたことから 「小諸すみれ」 と呼ばれている。 市の花として、また市内巡回バス 「小諸すみれ号」 の愛称にもなっている身近な親しい花である。
 小諸すみれ が咲くと、高原の街は初夏の装いへとかわっていく。

 (15 May 2011  長野県小諸市 自宅庭にて)

|

« 街道の雨 | トップページ | 新緑の春日郷 »

コメント

蒼山庵様
おはようございますhappy01
お写真から、古代紫のような美しい色に魅かれ
細い首の先に八重の花びらの可愛い姿に魅かれ
いかにも相応しい”小諸すみれ”という名前に魅かれ
うっとり拝見していますlovely 

投稿: ヨピ | 2011年5月16日 (月) 08:43

ヨピ様shine
いつもありがとうございます。
>古代紫<…… なんだかとてもいい響きですね。
”小諸すみれ”の上品な紫とともに、浅間山麓はあふれるような、それはそれは美しい新緑の季節を迎えましたclover
緑の山里風景などもアップしますので、どうぞご覧くださいconfident

投稿: 蒼山庵 | 2011年5月16日 (月) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 街道の雨 | トップページ | 新緑の春日郷 »