« 丸ポストのある風景(光岳寺山門前) | トップページ | 浅間山の見える村 »

2011年4月 5日 (火)

110401e_img_2585

【 桜 】
 春になると、農ノ神は里に降りてくるとされています。 その神が初めに宿るという桜の木。  サクラの「サ」は 農ノ神 「作神さま」 のことで、「クラ」は 神が座する処を意味していると云われています。 桜花に神をみた昔人、花見はもともと豊作を願う神祭りであったと云われています。

 甲府盆地に桜の春がやってきました。

 (1 April 2011  山梨県甲府市 山梨県立考古博物館にて)

|

« 丸ポストのある風景(光岳寺山門前) | トップページ | 浅間山の見える村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丸ポストのある風景(光岳寺山門前) | トップページ | 浅間山の見える村 »