« 白い皿 | トップページ | 片耳マック (Felis silvestris catus) »

2011年2月28日 (月)

春まだ浅い日に

05319

【春まだ浅い日に】
 それは、まるで天の鏡とでも云った風に薄銀色の光りをたたえて静まりかえって
いたのでした。
                     (Photo.: March '05  長野県東御市 御牧ヶ原)

|

« 白い皿 | トップページ | 片耳マック (Felis silvestris catus) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白い皿 | トップページ | 片耳マック (Felis silvestris catus) »