« 現代アート(歪の伝搬) | トップページ | 白い皿 »

2011年2月26日 (土)

二十四節気 雨水の頃

110220_img_2158

【二十四節気 雨水の頃】

 凍みついていた大地に水蒸気の匂い、土の匂いがし始めます。

           (20 February 2011  長野県小諸市 御牧ヶ原 遼太郎の丘で)

|

« 現代アート(歪の伝搬) | トップページ | 白い皿 »

コメント

蒼山庵さん。night

今日は、気温は低くても陽射しがあって
春も近いかな、などと思いました。
ここ数ヶ月、雪がとけなくて畑に近づけずにいましたが、
今日ようやく畑のある坂の上の方まで車で上がることができました。
それでもやはり、畑はごぼるほどの雪、一面真っ白。snow
雪の下から、何とかねぎと大根を掘り出してきました。
突然のことに、ねぎも大根もびっくりしたかななんて思いながら、鍋でいただきました。

雪の下の土の匂いを、はやく感じたいです。

投稿: ルカ | 2011年2月26日 (土) 23:52

ルカさん sun おはようございます。
>畑はごぼるほどの雪< 雪国らしい言葉ですね。 雪の下で甘みをました野菜たちを掘り出して美味しくいただく……雪国の暮らしぶりがうかがえます clover
東信州では降雪はめずらしいほどですが、-10℃近い寒さに田畑はコチコチのカンカンに凍みついておりました。それもようやくゆるみ春が近いことをしるこの頃です。

よい一日でありますようにcherry

投稿: 蒼山庵 | 2011年2月27日 (日) 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現代アート(歪の伝搬) | トップページ | 白い皿 »