« 御牧ヶ原の冬 | トップページ | 別所温泉駅 »

2011年1月 7日 (金)

初詣り

110107e_img_1489

【初詣り 別所温泉北向観世音】

 参道入口の石段の左右に石柱が建っていて、次の文字がきざまれていました。

     普門示現(ふげんしげん)  能作依怙(のうさえこう)

 一心に観世音菩薩の御名を唱えれば どのような場所にも慈悲のお姿を表し そのよりどころとなって願望をかなえられるでしょう
         参考文献 : 南原公平著 『信州のまほろば ―塩田平とその周辺― (1972)』

 ―― 善男善女の信仰の厚い 「信濃国別所 北向観世音」 です。

(フォトスケッチ:平成二十三年一月七日 長野県上田市 別所温泉 北向観音堂にて)

|

« 御牧ヶ原の冬 | トップページ | 別所温泉駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御牧ヶ原の冬 | トップページ | 別所温泉駅 »