« 白い蝶 | トップページ | 北国街道にて »

2010年9月 8日 (水)

小諸散歩・商家

09921s1_img_4152

【小諸散歩・商家】

 島崎藤村は、著書 『千曲川のスケッチ』 の中で、明治三十年代の東信濃の商都・小諸の様子を、次のように記しています。

 ―― 裏側から小諸町の一部をみると、白壁づくりの建物が土壁のものに混って、堅く石垣の上に築かれて居る。 中には高い三層の窓が城廓のやうに曇り日に映じて居る。 その建物の感じは、表側から見た暗い質素な暖簾と対照を成して、土地の気質や殷富を表して居る。

 本町から荒町へ。 時を経た商家の建物は今も使われていて、街は奥深い佇まいを見せています。

 (フォトスケッチ : September 2009  長野県小諸市 本町の表通り)

|

« 白い蝶 | トップページ | 北国街道にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白い蝶 | トップページ | 北国街道にて »