« わにまっち | トップページ | 絵葉書 »

2010年8月14日 (土)

ふるさとの山 独鈷山

100814e_img_9429_6

【ふるさとの山・独鈷山(とっこさん)】

 霊場を求めて独鈷山の谷を巡った弘法大師は 「九十九谷なり、もしも百谷あったならばここに寺を開いたものを」 と惜しみつつ、支峰の弘法山に独鈷(仏具)を埋めて立ち去ったと伝えられています。
 「独鈷のみねそびえたつ」、「朝空高く……独鈷のみねがよんでいる」、「星かげ澄める独鈷山」、「みどりかがやく独鈷山」 ―― 小中学校の校歌や応援歌に親しみをもって歌われる峨々たる山嶺。 この地に育った人々のこころの中に聳え続けるふるさとの山・独鈷山です。

 (14 August 2010  長野県上田市 塩田平にて)

|

« わにまっち | トップページ | 絵葉書 »

コメント

最近は、両親が亡くなって10数年になります、盆には墓参りをしなくてはと思いつつ疎遠になっております。その代わり同級会のついでにして来ました。
夏の独鈷山懐かしいです、高校の時に画いた同じアングルの油絵を寝室に掛けてあります。手前の家は、小池氏の実家か?
17年の小学校からの独鈷山を壁紙に使わせて頂いております。

投稿: チカ | 2010年8月16日 (月) 09:27

チカ様
ここは学校道でしたから、朝夕この風景を見ていたことになります。
独鈷山は多くの子供たちが描いていますね。 同じ村の生まれの二つ年下の方が
水彩画を描き続けております。
 shine 竹内久水彩画美術館…… 私のブログの、2008年3月14日「四季の断想(三月)」のコメント欄から検策。塩田平や信州の懐かしくも素晴らしい写実画をご覧ください。
 暑さ厳しき折、御自愛ください clover

投稿: 蒼山庵 | 2010年8月16日 (月) 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わにまっち | トップページ | 絵葉書 »