« 続・案山子 | トップページ | わにまっち »

2010年8月12日 (木)

たてしなの歌 より

09811e_img_3048_2

            尾崎喜八著  『 たてしなの歌(1934)』  より
                     「牧夫の言葉」

 「 淋しいということは感じません。 淋しいと思うのは却って町中にいる時です。
 若い者と二人で此処におって、牛や馬ばかり相手に暮らしていると、知らず識らず
 のうちに自然の賑やかさとか豊かさとかいう物を見ることを覚えて、本当の淋しさ
 や単調などという感じは、却って町の生活にあるという気がしてきます 」

         (Photo .: 11 August 2009  長野県小県郡 長和町 蓼科山麓の牧場)

|

« 続・案山子 | トップページ | わにまっち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・案山子 | トップページ | わにまっち »