« 続・山のカモメ (Larus canus) | トップページ | 教会のある風景・南軽井沢 »

2010年2月23日 (火)

天文台のある風景

100223e_img_6771

【天文台のある風景】
 浅間山麓 ・ 高原の科学ロマン―― 素敵な名前をつけてあげたいような小さな
 天文台があります。
                    (フォトスケッチ : February 2010  長野県北佐久郡 軽井沢町)

●関連記事 : こちらもどうぞ → こぎつね天文台(信州・御牧ヶ原)

|

« 続・山のカモメ (Larus canus) | トップページ | 教会のある風景・南軽井沢 »

コメント

あっ!懐かしいですね~、以前はペンションが有って、其処の所有だったんですね。
学生時代はバイト先の長倉鳥井原のペンションから、油井を抜けて追分駅まで歩きながら
写真を撮りました。昼休みに・・・。
結構、散歩が楽しかったですね♪
景色が房総とは全く違うのでしたから。
途中に石碑?(道祖神の様な)があって、
其処の背景に浅間山を構図にしておりました。

投稿: キョロ坊 | 2010年2月24日 (水) 13:29

道沿いに天文台があるなんて、驚きました。
落葉松と寄り添った可愛い坊やが、大きなお山を見て何やらお話しているように見えて、可愛いですねぇ。
おじゃる丸の「小ちゃい者クラブ」に入れてあげたい(笑)
今日は、頑張って星空を見てみようと思います。

投稿: くるみ | 2010年2月24日 (水) 18:58

キョロ坊様
ペンションらしい瀟洒な建物は今もあります。油井から追分方面へ抜ける道は中山道の脇街道であったといわれ、行く先々でたくさんの石仏を見ることができます。
今も混雑する軽井沢の脇道として、地元の人がよく利用しています。私もその一人です。 新旧が入り混じる道…… 高原に続く好きな道の一つです。

投稿: 蒼山庵 | 2010年2月24日 (水) 19:59

くるみ様
おじゃる丸のちっちゃいものクラブの面々がトコトコ行進していきそうな道ですね。
この道は、高原野菜の畑中に続いています。季節になりますと赤、緑、青…… 色とりどりのトラクターがトコトコ通ります。
春がきて温かくなりましたら御牧ヶ原へどうぞ。 また連絡いたします。

投稿: 蒼山庵 | 2010年2月24日 (水) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・山のカモメ (Larus canus) | トップページ | 教会のある風景・南軽井沢 »